テナントに仮想サービス管理機能を提供するには、サービス エンジン グループを VMware Cloud Director 環境にインポートします。

サービス エンジン グループは、サイズ、ネットワーク アクセス、フェイルオーバーなどの共有サービス エンジンのプロパティも定義する隔離ドメインです。

サービス エンジン グループ内のリソースは、テナントのニーズに応じて、さまざまな仮想サービスに使用できます。これらのリソースを複数のサービス エンジン グループ間で共有することはできません。

サービス エンジン グループを管理および更新するには、NSX Advanced Load Balancer を使用します。NSX Advanced Load Balancer でサービス エンジン グループを更新したら、VMware Cloud Director ユーザー インターフェイスでサービス エンジン グループを同期し、設定を更新する必要があります。

Edge Gateway には、インポートされたサービス エンジン グループのみを割り当てることができます。

サービス エンジン グループをインポートするには、VMware Cloud Director インスタンスにすでに登録されている NSX-T Cloud に関連付けます。

前提条件

手順

  1. 上部ナビゲーション バーの [リソース][インフラストラクチャ リソース] をクリックします。
  2. [NSX-ALB] をクリックし、[サービス エンジン グループ] をクリックします。
  3. サービス エンジン グループをインポートするには、[追加] をクリックします。
  4. ドロップダウン メニューから NSX-T Cloud を選択します。
  5. 予約モデルを選択します。
    • サービス エンジン グループを単一の Edge Gateway に割り当てるには、[専用] を選択します。
    • 複数の Edge Gateway 間でサービス エンジン グループを共有するには、[共有] を選択します。
  6. サービス エンジン グループの名前と、オプションで説明を入力します。
  7. サービス エンジン グループのインスタンスを選択します。
  8. [追加] をクリックします。

次のタスク

Edge Gateway でロード バランシングを有効にして、サービス エンジン グループを Edge Gateway に割り当てます。『NSX-T Data Center Edge Gateway での NSX Advanced ロード バランシングの管理』を参照してください。