専用の vCenter Server 環境または vCenter Server コンポーネントには、 VMware Cloud Director Tenant Portal からアクセスできます。

専用 vSphere データセンター

VMware Cloud Director では、Software-Defined Data Center (SDDC) によって専用 vCenter Server 環境全体がカプセル化されます。

VMware Cloud Director 内に専用 vCenter Server インスタンスがあることにより、vCenter Server インスタンスを一般にアクセス可能にする必要がなくなります。

[システム管理者]は 1 つ以上の専用 vCenter Server インスタンスを組織に公開できます。ユーザーはエンドポイントを使用して、プロキシ コンポーネントまたは非プロキシ コンポーネントのユーザー インターフェイスまたは API にアクセスできます。

エンドポイント

専用 vCenter Server インスタンスに、基盤となる環境からさまざまなコンポーネントへのアクセスを可能にする 1 台以上のエンドポイントを含めることができます。エンドポイントは、vCenter Server インスタンス、ESXi ホスト、NSX Manager インスタンス、NSX-T Manager インスタンスなどのデータセンター コンポーネントへのアクセス ポイントを提供できます。

エンドポイントはプロキシに接続されていることも、接続されていないこともあります。

プロキシ

VMware Cloud Director は、HTTPS プロキシ サーバとして機能し、専用 vCenter Server インスタンス、および使用環境をバックアップしている共有または専用 vCenter Server インスタンスのさまざまなコンポーネントへのアクセスを可能にすることができます。

ユーザーは、VMware Cloud Director アカウントを使用して、プロキシ コンポーネントのユーザー インターフェイスまたは API にログインできます。

プロキシ コンポーネントにアクセスするには、Chrome Browser Extension for VMware Cloud Director を使用するか、ブラウザのプロキシ設定を手動で行う必要があります。