vApp は、ネットワークを介して通信し、デプロイされた環境でリソースとサービスを使用する 1 つ以上の仮想マシンによって構成されます。vApp には複数の仮想マシンを含めることができます。

VMware Cloud Director 9.5 以降、vApp は IPv6 接続をサポートします。IPv6 ネットワークに接続された仮想マシンには IPv6 アドレスを割り当てることができます。

重要: vApp を操作するためのすべての手順は、カード ビューに記載されています。これらの手順では、複数の仮想データセンターがあることが前提となります。グリッド ビューから同じ操作を実行することも可能ですが、手順は多少異なることがあります。