Kubernetes Container Clusters プラグインを使用して、Container Service Extension 3.0 管理対象の Kubernetes クラスタを作成できます。

クラスタ作成に関するさまざまな Kubernetes ランタイム オプションの詳細については、Kubernetes クラスタの操作を参照してください。

コンテナ サービス拡張機能 CLI を使用して、Kubernetes クラスタを管理することもできます。Container Service Extension のドキュメントを参照してください。

前提条件

  • サービス プロバイダが、Kubernetes Container Clusters プラグインを組織に公開していることを確認します。Kubernetes Container ClustersVMware Cloud Director 用の Container Service Extension プラグインです。このプラグインは、上部ナビゲーション バーの [詳細] > [Kubernetes Container Clusters] で確認できます。
  • サービス プロバイダが Container Service Extension 3.0 サーバのセットアップを完了し、Container Service Extension ネイティブ配置ポリシーを組織 VDC に公開していることを確認します。
  • サービス プロバイダによって cse:nativeCluster 資格権限バンドルが組織に公開され、ネイティブ Kubernetes クラスタを作成および変更するための編集:CSE:NATIVECLUSTER 権限が自分に付与されていることを確認します。クラスタの削除を可能にするには、完全コントロール:CSE:NATIVECLUSTER 権限が必要になります。
  • サービス プロバイダによって、アクセス レベルに関する情報を含むアクセス コントロール リスト (ACL) エントリが作成されていることを確認します。

手順

  1. 上部ナビゲーション バーで、[詳細] > [Kubernetes Container Clusters] の順に選択します。
  2. (オプション) TKGI クラスタを作成する際に組織 VDC が有効になっている場合は、[Kubernetes Container Clusters] 画面で [vSphere with Tanzu およびネイティブ] タブを選択します。
  3. [新規] をクリックします。
  4. [ネイティブ] Kubernetes ランタイム オプションを選択します。
  5. 名前を入力し、リストから Kubernetes テンプレートを選択します。
  6. (オプション) 新しい Kubernetes クラスタおよび SSH パブリック キーの説明を入力します。
  7. [次へ] をクリックします。
  8. ネイティブ クラスタをデプロイする組織 VDC を選択して、[次へ] をクリックします。
  9. 制御プレーンおよびワーカー ノードの数を選択し、必要に応じてノードのサイズ変更ポリシーを選択します。
  10. [次へ] をクリックします。
  11. NFS ソフトウェアを使用して追加の仮想マシンをデプロイする場合は、[NFS を有効化] をオンにします。
  12. (オプション) 制御プレーンおよびワーカー ノードのストレージ ポリシーを選択します。
  13. [次へ] をクリックします。
  14. Kubernetes クラスタのネットワークを選択して、[次へ] をクリックします。
  15. クラスタの設定を確認し、[終了] をクリックします。

次のタスク

  • ワーカー ノードの数を変更する場合は、Kubernetes クラスタのサイズを変更します。
  • kubeconfig ファイルをダウンロードします。kubectl コマンドライン ツールは、kubeconfig ファイルを使用して、クラスタ、ユーザー、名前空間、および認証メカニズムに関する情報を取得します。
  • Kubernetes クラスタを削除します。