専用の Tier-0 ゲートウェイを持つ NSX-T Data Center によってバッキングされた VMware Cloud Director Edge Gateway と物理インフラストラクチャ内のルーター間に、外部または内部 Border Gateway Protocol(eBGP または iBGP)接続を構成できます。

BGP は、自律システム (AS) 間の複数のルートを指定する IP アドレス ネットワークまたはプレフィックスのテーブルを使用することで、コア ルーティングを決定します。

BGP スピーカーという用語は、BGP を実行しているネットワーク デバイスを表します。2 つの BGP スピーカーが接続を確立してから、ルーティング情報が交換されます。

BGP ネイバーという用語は、接続などを確立した BGP スピーカーを表します。接続を確立すると、デバイスはルートを交換して、テーブルを同期させます。各デバイスはキープアライブ メッセージを送信して、この関係を維持します。

注: VRF ゲートウェイによってバッキングされる外部ネットワークに接続されている Edge Gateway では、ローカル AS 番号とグレースフル リスタートの設定は読み取り専用です。これらの設定は、 NSX-T Data Center の親 Tier-0 ゲートウェイで編集できます。

前提条件

  • Tier-0 ゲートウェイを、組織内の NSX-T Data Center によってバッキングされている VMware Cloud Director Edge Gateway 専用に設定していることを確認します。専用の Tier-0 ゲートウェイを参照してください。

手順

  1. 上部ナビゲーション バーで [リソース] を選択し、[クラウド リソース] をクリックします。
  2. 左側のパネルで [Edge Gateway] をクリックし、ターゲット Edge Gateway の名前をクリックします。
  3. [ルーティング][BGP] をクリックし、[構成][編集] をクリックします。
  4. [ステータス] オプションをオンにして、BGP を有効にします。
  5. プロトコルのローカルの自律システム (AS) 機能に使用するための AS ID 番号を入力します。
    VMware Cloud Director は、ローカル AS 番号を Edge Gateway に割り当てます。Edge Gateway が他の自律システム内の BGP ネイバーと接続する場合は、この ID を通知します。
  6. ドロップダウン メニューから、[グレースフル リスタート モード] オプションを選択します。
    オプション 説明
    ヘルパーとグレースフル リスタート すべてのゲートウェイからの BGP ピアリングは常にアクティブであるため、Edge Gateway でグレースフル リスタート機能を有効にすることはベスト プラクティスではありません。

    フェイルオーバー時には、グレースフル リスタート機能により、リモート ネイバーが代替の Tier-0 ゲートウェイを選択するのにかかる時間が長くなります。このため、BFD ベースの統合が遅延します。

    注: Edge Gateway 構成は、ネイバー固有の設定でオーバーライドされない限り、すべての BGP ネイバーに適用されます。
    ヘルパーのみ グレースフル リスタートが可能なネイバーから学習したルートに関連付けられているトラフィックの中断を軽減または排除するのに便利です。再起動の実行中、ネイバーはフォワーディング テーブルを保持している必要があります。
    無効化 Edge Gateway でグレースフル リスタート モードを無効にします。
  7. (オプション) グレースフル リスタート タイマーのデフォルト値を変更します。
  8. (オプション) 古いルート タイマーのデフォルト値を変更します。
  9. [ECMP] オプションをオンにして、ECMP を有効にします。
  10. [保存] をクリックします。

次のタスク