1 つ以上の物理ネットワークに接続できるように、Edge ゲートウェイを構成します。

手順

  1. Edge ゲートウェイのゲートウェイ構成を選択します。
    オプション 説明
    コンパクト 必要なメモリとコンピューティング リソースが少なくて済みます。
    完全 多くの容量が提供され、パフォーマンスが向上します。「完全」と「完全-4」構成は、同じセキュリティ機能を提供します。
    完全-4 多くの容量が提供され、パフォーマンスが向上します。「完全」と「完全-4」構成は、同じセキュリティ機能を提供します。完全-4 Edge ゲートウェイを高可用性を有効にしてデプロイするには、ESXi に利用可能な vCPU が 8 個以上ある必要があります。
  2. (オプション) [高可用性の有効化] を選択し、Edge ゲートウェイで高可用性を有効にします。
  3. (オプション) [IP 設定の構成] を選択し、外部インターフェイスの IP アドレスを手動で構成します。
  4. (オプション) [IP プールの細分割り当て] を選択し、使用するゲートウェイ サービスの一連の IP アドレスを割り当てます。
  5. (オプション) [レート制限の構成] を選択し、外部接続された各インターフェイスの着信および発信のレート制限を選択します。
  6. [次へ] をクリックします。