vCloud Director データベースの接続プロパティを更新するには、セル管理ツールの reconfigure-database コマンドを使用します。このコマンドを使用して、データベース タイプを変更したり、データを別のデータベース インスタンスに移行することはできません。

システム構成スクリプトでは、 vCloud Director データベースのデータベース タイプと接続プロパティを指定する必要があります。『 vCloud Director インストールおよびアップグレード ガイド』の「ネットワークおよびデータベース接続の構成」を参照してください。インストールが完了した後、データベース タイプを変更するには、 vCloud Director を再インストールする必要がありますが、大半の vCloud Director データベース接続プロパティは、次の形式のコマンド ラインで更新できます。
cell-management-toolreconfigure-database options
このコマンドは、既存の vCloud Director データベースを新しいホストに移動する必要がある場合、またはデータベースのユーザー名またはパスワードを変更する必要がある場合に使用できます。

このセル管理ツール サブコマンドで実行した変更はすべて、セルの global.properties ファイルおよび responses.properties ファイルに保存されます。変更内容はセルの再起動後に有効になります。

表 1. セル管理ツールのオプションと引数、reconfigure-database サブコマンド
オプション 引数 説明
--help (-h) なし このカテゴリで使用可能なコマンドの概要を示します。
--database-host (-dbhost) vCloud Director データベース ホストの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名 このオプションは、database.jdbcUrl プロパティの新しい値を作成する場合に使用します。
--database-domain (-dbdomain) SQL Server データベースのユーザー ドメイン データベース タイプが sqlserver の場合は省略可能。
重要: このオプションを指定する場合は、最初に構成スクリプトを実行したときと同じ値を指定する必要があります。
--database-instance (-dbinstance) SQL Server データベース インスタンス データベース タイプが sqlserver の場合は省略可能。
重要: このオプションを指定する場合は、最初に構成スクリプトを実行したときと同じ値を指定する必要があります。
--database-name (-dbname) データベース サービス名。『 vCloud Director インストールおよびアップグレード ガイド』の「vCloud Director データベースのインストールと構成」を参照してください。 このオプションは、database.jdbcUrl プロパティの新しい値を作成する場合に使用します。
重要: このオプションを指定する場合は、最初に構成スクリプトを実行したときと同じ値を指定する必要があります。
--database-pwd (-dbpassword) データベース ユーザーのパスワード。 このオプションは、database.password プロパティの新しい値を作成する場合に使用します。指定したパスワードは暗号化されてからプロパティ値として格納されます。
--database-port (-dbport) データベース ホスト上で動作するデータベース サービスによって使用されるポート番号。 このオプションは、database.jdbcUrl プロパティの新しい値を作成する場合に使用します。
--database-type (-dbtype) データベース タイプ。次のいずれか:
  • oracle
  • sqlserver
このオプションは、database.jdbcUrl プロパティの新しい値を作成する場合に使用します。
重要: このオプションを指定する場合は、最初に構成スクリプトを実行したときと同じ値を指定する必要があります。
--database-user (-dbuser) データベース ユーザーのユーザー名 このオプションは、database.user プロパティの値を更新する場合に使用します。

--database-host--database-port、またはその両方の値を指定した場合、コマンドでは指定した値の形式が正しいかどうかは検証されますが、指定したホストとポートの組み合わせでネットワークにアクセスできるかどうか、または指定したタイプの実行中データベースが存在するかどうかは確認されません。

vCloud Director データベース接続プロパティを変更する

重要:

このコマンドを使用して実行した変更は、グローバル構成ファイルと応答ファイルに書き込まれます。このコマンドを使用する前に、応答ファイルが所定の場所 (/opt/vmware/vcloud-director/etc/responses.properties) にあって書き込み可能であることを確認してください。『vCloud Director インストールおよびアップグレード ガイド』の「応答ファイルの保護と再使用」を参照してください。

他のすべての接続プロパティは初期構成時のままで、 vCloud Director データベースのユーザー名とパスワードのみ変更するには、次のようなコマンドを実行します。
[root@cell1 /opt/vmware/vcloud-director/bin]#cell-management-tool reconfigure-database \ -dbuser vcd-dba -dbpassword P@55w0rd
このようなコマンドは、データベース管理者が vCloud Director データベースのユーザー名とパスワードを変更した後に、セルの構成を更新する場合に使用できます。セルのデータベース接続プロパティを変更する際には、事前に vCloud Director サーバ グループに属するすべてのセルを停止しておくことをお勧めします。データベース接続プロパティが変更されたら、各セルを再起動してください。

このコマンドを実行すると、global.properties および responses.properties が更新されますが、変更内容はセルの再起動後に有効になります。