vSphere VXLAN ネットワークは、IETF ドラフト VXLAN 標準に基づいています。これらのネットワークは、vSphere の隔離にバッキングされているネットワークがサポートしている内容と同等の、ローカル ドメイン隔離をサポートしています。

プロバイダ仮想データーセンターを作成すると、vCloud Director 内に VXLAN ネットワーク プールが作成されます。このネットワーク プールを使用すると、vCenter Server 内に VXLAN 仮想ワイヤが作成されます。ほとんどの構成には、VXLAN ネットワーク プール以外のネットワーク プールは不要です。

このプールには、含まれるプロバイダ仮想データセンターの名前から派生する名前が与えられ、作成時に名付けられます。このネットワーク プールの削除または編集を行うことはできません。他の方法で VXLAN ネットワークを作成することはできません。プロバイダ仮想データセンター の名前を変更すると、VXLAN ネットワーク プールの名前も自動的に変更されます。

vSphere VXLAN ネットワークには、次のメリットがあります。
  • レイヤ 3 の境界をまたぐ論理ネットワーク
  • 単一のレイヤ 2 上の複数のラックをまたぐ論理ネットワーク
  • ブロードキャストの抑制
  • 高パフォーマンス
  • 規模の拡大 (最高で1,600 万のネットワーク アドレス)

vCloud 環境における VXLAN の詳細については、『vShield 管理ガイド』を参照してください。