セルが意図的にシャットダウンされたときに実行していたタスクに関連する完了ステータスを更新するには、セル管理ツールの fail-tasks コマンドを使用します。すべてのセルをシャットダウンしない限り、fail-tasks コマンドを使用することはできません。

cell-management-tool -q コマンドを使用してセルを静止すると、実行中のタスクは数分以内に安全に終了します。休止したセルでタスクが実行し続ける場合、スーパーユーザーはセルをシャットダウンすることができ、その結果実行しているタスクは失敗します。シャットダウンにより実行中のタスクが失敗した後、スーパーユーザーは cell-management-tool fail-tasks を実行してそれらのタスクの完了ステータスを更新することができます。これはタスクの完了ステータスを更新するオプションの方法ですが、管理アクションによって発生した失敗を明確に特定できるため、システムの整合性を維持するのに役立ちます。

休止したセルで実行し続けるタスクのリストを生成するには、次の形式でコマンドラインを使用します。
cell-management-tool -u sysadmin-username cell --status-verbose
表 1. セル管理ツールのオプションと引数、fail-tasks サブコマンド
コマンド 引数 説明
--help (-h) なし このカテゴリで使用可能なコマンドの概要を示します。
--message (-m) メッセージ テキスト。 タスク完了ステータスに含めるメッセージ テキスト。

セルで実行中のタスクの終了

この例では、セルがシャットダウンされた時に実行していたタスクに関連するタスク完了ステータスを更新します。
[root@cell1 /opt/vmware/vcloud-director/bin]# ./cell-management-tool fail-tasks -m "administrative shutdown"Operation: IMPORT_SINGLETON_VAPP, Start time: 12/16/13 6:41 PM, Username: system, Organization: org1 Would you like to fail the tasks listed above?
y」を入力すると、タスクが更新され、 管理シャットダウンのステータスが完了になります。「 n」と入力すると、タスクの実行を継続できます。
注: 応答内で複数のタスクが返された場合は、すべてのタスクを終了させるのか、それとも何も行わないのかを決定する必要があります。タスクの一部を選択して終了させることはできません。