割り当てモデルにより、管理者が割り当てるプロバイダ仮想データセンターのコンピューティング リソースとメモリ リソースが組織仮想データセンターにコミットされる方法とタイミングが決定されます。

前提条件

どの割り当てモデルが環境に適しているかについて理解していることを確認します。 割り当てモデルについて を参照してください。

手順

  1. 割り当てモデルを選択します。
    オプション 説明
    割り当てプール プロバイダ仮想データセンターから割り当てるリソースの割合は、組織仮想データセンターにコミットされます。CPU と メモリの両方に割合を指定できます。
    従量課金制 リソースは、組織仮想データセンターでユーザーが vApp を作成するときにのみコミットされます。
    予約プール 割り当てるすべてのリソースは、組織仮想データセンターに直ちにコミットされます。
    配置エンジンおよび仮想マシンの共有、レートおよび制限の詳細については、『 vCloud Director ユーザー ガイド』を参照してください。
  2. [次へ] をクリックします。