vCloud Director および NSX Manager をアップグレードしたら、クラウドに接続済みの vCenter Server システムおよび ESXi ホストをアップグレードする必要があります。接続済みのすべての vCenter Server システムおよびホストがアップグレードされたら、NSX Edge をアップグレードします。

前提条件

クラウドに接続済みの vCenter Server システムに関連付けられた各 NSX Manager がすでにアップグレードされていることを確認します。接続済み vCenter Server システムに関連付けられた各 NSX Manager のアップグレード を参照してください。

手順

  1. 接続された vCenter Server システムをアップグレードします。
    vSphere インストールおよびセットアップ ガイド』を参照してください。
  2. すべての vCloud Director パブリック URL および証明書チェーンを確認します。
    vCloud Director Web コンソールの [管理] タブで、左側のペインにある [公開アドレス] をクリックします。すべてのフィールドに値を入力します。
  3. (オプション) vCloud Director が vCenter Single Sign On を使用するように構成した場合は、vCenter Lookup Service で vCloud Director を登録解除してから再登録する必要があります。
    1. ローカル アカウントまたは LDAP アカウントを使用して、システム管理者として vCloud Director にログインします。このログインでは、vCenter Single Sign On を使用しないでください。
    2. vCenter Lookup Service で、vCloud Director を登録解除します。
      [ Web コンソールの ]管理 vCloud Director タブで、左側のペインの [連携] をクリックし、 [登録解除] をクリックします。この操作を完了するには、適切な vCenter 管理者認証情報を提供する必要があります。
    3. vCenter Lookup Service で、vCloud Director を登録します。
      vCloud Director 管理者ガイド』の「vCenter Single Sign On を使用する vCloud Director の構成」を参照してください。
  4. vCloud Director での vCenter Server システムの登録を更新します。
    1. vCloud Director Web コンソールで、[管理および監視] タブをクリックし、左側のペインで [vCenter] をクリックします。
    2. vCenter Server 名を右クリックし、[更新] を選択します。
    3. [はい] をクリックします。
  5. アップグレードされた vCenter Server システムがサポートする各 ESXi ホストをアップグレードします。
    vSphere インストールおよびセットアップ ガイド』を参照してください。アップグレードでは、ホストごとに次の手順を実行する必要があります。
    1. vCloud Director Web コンソールで、ホストを無効化します。
      [管理および監視] ページで、 [ホスト] をクリックし、ホストを右クリックして [ホストを無効化] を選択します。
    2. vCenter Server システムを使用して、ホストをメンテナンス モードにし、ホストのすべての仮想マシンを別のホストに移行できるようにします。
    3. ホストをアップグレードします。
      アップグレードされたホストに、クラウドの仮想マシンをサポートするための十分な容量を確保するために、小さなバッチに分けてホストをアップグレードしてください。これを行うとき、ホスト エージェントのアップグレードは、仮想マシンがアップグレードされたホストに移行して戻せるように、時間内に完了することができます。
    4. vCenter Server システムを使用してホストを再接続します。
    5. ホスト上の vCloud Director ホスト エージェントをアップグレードします。
      vCloud Director 管理者ガイド』の「ESX/ESXi ホスト エージェントのアップグレード」を参照してください。
    6. vCloud Director Web コンソールで、ホストを有効化します。
      [管理および監視] ページで、 [ホスト] をクリックし、ホストを右クリックして [ホストを有効化] を選択します。
    7. vCenter Server システムを使用してホストのメンテナンス モードを終了します。
  6. (オプション) アップグレードされた vCenter Server システムに関連付けられた NSX Manager によって管理されている NSX Edge をアップグレードします。
    アップグレードされた NSX Edge では、パフォーマンスや統合における改善が実現されています。NSX Manager または vCloud Director を使用して NSX Edge をアップグレードできます。
    • NSX Manager を使用して NSX Edge をアップグレードする方法については、https://www.vmware.com/support/pubs/nsx_pubs.htmlにある NSX for vSphere ドキュメント センターを参照してください。
    • vCloud Director を使用して NSX Edge をアップグレードする場合は、その Edge によってサポートされている vCloud Director ネットワーク オブジェクトを対象に操作する必要があります。
      • vCloud Director Web コンソールまたは REST API のいずれかを使用して Edge ゲートウェイによって提供されるネットワークをリセットすると、Edge ゲートウェイの適切なアップグレードが自動的に実行されます。
      • Edge ゲートウェイを再デプロイすると、関連する NSX Edge アプライアンスがアップグレードされます。
      • vApp アップグレードのコンテキスト内から vApp ネットワークをリセットすると、そのネットワークに関連付けられた NSX Edge アプライアンスがアップグレードされます。vCloud Director Web コンソールを使用して vApp のコンテキスト内で vApp ネットワークをリセットするには、その vApp の [ネットワーク] タブに移動し、そのネットワークの詳細を表示します。次に vApp ネットワークを右クリックして、[ネットワークをリセット] を選択します。
      Edge ゲートウェイを再デプロイする方法および vApp ネットワークをリセットする方法の詳細については、vCloud Director Web コンソール オンライン ヘルプまたは『vCloud API プログラミング ガイド』を参照してください。
    重要: Edge のアップグレードに NSX Manager と vCloud Director のどちらを使用する場合でも、アップグレードを開始する前に少なくとも 1 つの vCloud Director セルがアップグレードされており稼働している必要があります。セルが 1 つも実行されていないと、アップグレードされた NSX Edge に関するデータを vCloud Director データベースに書き込むことができません。

次のタスク

この手順を、vCloud Director インストール環境に登録された他の vCenter Server システムについて繰り返します。