vCloud Director サーバ グループは、共通のデータベースおよび他の構成の詳細を共有する 1 つ以上の vCloud Director サーバで構成されます。サーバ グループを作成するには、グループの最初のメンバーに vCloud Director ソフトウェアをインストールして、構成します。最初のグループ メンバーをインストールして構成すると、グループに追加メンバーを構成するときに使用する応答ファイルが作成されます。

vCloud Director サーバ グループ作成の前提条件

重要: この手順は、新しいインストールのみを対象としています。既存の vCloud Director インストールをアップグレードしている場合は、 vCloud Director のアップグレード を参照してください。

vCloud Director のインストールと構成を開始する前に、次のタスクをすべて完了します。

  1. サポート対象の vCenter Server システムが実行されていて、vCloud Director で使用できるように適切に構成されていることを確認します。サポート対象バージョンと構成要件については、他の VMware 製品との互換性を参照してください。
  2. サポート対象バージョンの NSX Manager が実行されており、vCenter Server システムに関連付けられていること、および vCloud Director で使用できるよう適切に構成されていることを確認します。サポート対象の NSX のバージョンについては、http://partnerweb.vmware.com/comp_guide/sim/interop_matrix.phpの『VMware 製品の相互運用性マトリックス』を参照してください。NSX のインストールと構成の詳細については、新しい vCloud Director をインストールするための NSX Manager のインストールおよび構成を参照してください。
  3. vCloud Director ソフトウェアを実行できるようサポートされているサーバ プラットフォームが 1 つ以上あり、そのサーバ プラットフォームに適切なサイズのメモリおよびストレージが構成されていることを確認します。サポート対象プラットフォームと構成要件については、『 vCloud Director リリース ノート』を参照してください。
    • サーバ グループの各メンバーは、2 つの異なる SSL エンドポイントとして動作可能である必要があります。1 つは、HTTP サービス用エンド ポイント、もう 1 つは、コンソール プロキシ サービス用エンド ポイントです。これらのエンド ポイントには異なる IP アドレスを割り当てることもできますし、同じ IP アドレスで 2 つの異なるポートを割り当てることもできます。
    • 各サーバには、エンドポイントごとに SSL 証明書が必要です。SSL 証明書へのパス名のすべてのディレクトリは、ユーザーから読み取り可能である必要があります。SSL 証明書の作成 を参照してください。
    • 転送サービスの場合、各サーバは NFS またはその他の共有ストレージ ボリュームを /opt/vmware/vcloud-director/data/transfer にマウントする必要があります。このボリュームにはサーバ グループのすべてのメンバーがアクセスできる必要があります。vCloud Director のネットワーク構成要件の要約 を参照してください。
    • 各サーバには、Microsoft Sysprep デプロイ パッケージへのアクセス権が必要です。Microsoft Sysprep ファイルのサーバーへのインストール を参照してください。
  4. vCloud Director データベースを作成し、グループのすべてのサーバにアクセス可能であることを確認します。サポート対象データベース ソフトウェアの一覧については、『 vCloud Director リリース ノート』を参照してください。
    • vCloud Director データベース ユーザーのデータベース アカウントを作成したことと、そのアカウントに必要なデータベース権限がすべて付与されていることを確認します。vCloud Director データベースのインストールと構成 を参照してください。
    • データベース サーバが再起動されるとデータベース サービスが開始することを確認します。
  5. すべての vCloud Director サーバ、データベース サーバ、すべての vCenter Server システム、およびこれらの vCenter Server システムに関連付けられた NSX Manager コンポーネントが、vCloud Director のネットワーク構成要件の要約に記載されているように、それぞれの名前を相互に解決できることを確認します。
  6. すべての vCloud Director サーバとデータベース サーバが、vCloud Director のネットワーク構成要件の要約にある許容値の範囲内でネットワーク タイム サーバと同期していることを確認します。
  7. ユーザーまたはグループを LDAP サービスからインポートする予定がある場合、サービスが各 vCloud Director サーバにアクセスできることを確認します。
  8. ネットワーク セキュリティ要件に示されているように、ファイアウォール ポートを開きます。vCloud Director システムと vCenter Server システムの間でポート 443 が開いている必要があります。