vApp は、vApp テンプレートとしてカタログに保存することができます。

前提条件

以下の条件を満たしていることを確認します。

  • 組織には、1 つのカタログと、使用可能な領域のある仮想データセンターが必要です。
  • 少なくとも vApp 作成者である必要があります。

手順

  1. [マイ クラウド] をクリックします。
  2. 左側のペインで、[vApp] をクリックします。
  3. vApp を右クリックして [カタログに追加] を選択します。
    vCloud Director 5.5 以降では、実行中の vApp をカタログに追加できるようになりました。実行中の vApp を選択すると、vApp テンプレートとしてカタログに追加され、その仮想マシンはすべてサスペンド状態になります。
  4. vApp テンプレートの名前と、必要に応じて説明を入力します。
  5. 仮想データセンター、カタログ、およびストレージ リースを選択します。
  6. vApp 作成オプションを選択します。
    このオプションは、このテンプレートに基づいて vApp を作成する場合に適用されます。このテンプレートから個々の仮想マシンを使用して vApp を構築する場合には、このオプションは無視されます。
    オプション 説明
    [同一のコピーを作成] この vApp テンプレートから作成された vApp は、この vApp テンプレートのゲスト OS 設定に従う必要があります。このオプションを選択した場合、ゲストのカスタマイズが有効化され、ゲスト OS がカスタマイズされます。
    [仮想マシン設定をカスタマイズ] ゲスト OS は vApp テンプレートの設定に関係なくカスタマイズされ、ゲスト OS は vApp がデプロイされたときにカスタマイズされます。このオプションを選択する場合は、VMware Tools のサポート対象バージョンが vApp のすべての仮想マシンにインストールされている必要があります。
  7. [OK] をクリックします。

結果

vApp が vApp テンプレートとして保存され、ターゲットとなるカタログに表示されます。