vApp の仮想マシンに DHCP サービスを提供するために、特定の vApp ネットワークを構成できます。

vApp ネットワークに対して DHCP を有効化し、vApp の仮想マシンの NIC をそのネットワークに接続し、その NIC の IP モードとして [DHCP] を選択すると、仮想マシンをパワーオンしたときに、vCloud Director では DHCP IP アドレスをその仮想マシンに割り当てます。

前提条件

経路指定されている vApp ネットワークまたは隔離されている vApp ネットワーク。

手順

  1. [マイ クラウド] タブをクリックし、左側のペインで [vApp] をクリックします。
  2. vApp を右クリックし、[開く] を選択します。
  3. [ネットワーク] タブで、[ネットワークの詳細を表示] を選択します。
  4. vApp ネットワークを右クリックし、[サービスの構成] を選択します。
  5. [DHCP] タブをクリックし、[DHCP を有効化] を選択します。
  6. IP アドレスの範囲を入力するか、デフォルトの範囲を使用します。
    vCloud Director は、これらのアドレスを使用して DHCP 要求に応えます。DHCP IP アドレスの範囲は、vApp ネットワークの固定 IP プールと重複できません。
  7. デフォルトのリース時間および最大のリース時間を設定するか、またはデフォルト値を使用することを選択し、[OK] をクリックします。
  8. [適用] をクリックします。

結果

vCloud Director は、DHCP サービスを提供するためにネットワークを更新します。
注: DHCP が有効にされている vApp ネットワークの DNS 設定が変更されると、vApp ネットワークは DHCP サービスを提供しなくなります。この問題を解決するには、vApp ネットワークの DHCP を無効にしてから、再度有効にします。