Edge ゲートウェイ上の外部ネットワークが提供する IP プールを複数の固定 IP プールに細分割り当てします。

前提条件

Edge Gateway に割り当てる IP アドレスが vCloud Director の外部で使用されていないことを確認します。
注: 細分割り当てによる Edge Gateway への IP アドレスの割り当ては、プロバイダが IP アドレスの所有権をゲートウェイに割り当てるプロセスです。 vCloud Director では、細分割り当てプロセスで適切なゲートウェイ インターフェイスにセカンダリ アドレスを自動的に設定します。このため、いずれかの IP アドレスが vCloud Director の外部で使用されている場合は、IP アドレスの競合が発生する可能性があります。

手順

  1. [管理および監視] タブをクリックし、左側のペインで [組織 VDC] をクリックします。
  2. 組織仮想データセンター名をダブルクリックし、組織仮想データセンターを開きます。
  3. [Edge ゲートウェイ] タブをクリックし、Edge ゲートウェイ名を右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  4. [IP プールの細分割り当て] タブをクリックします。
  5. 外部ネットワークと細分割り当てする IP プールを選択します。
  6. (オプション) IP プールの範囲内の IP アドレスまたは IP アドレスの範囲を入力し、[追加] をクリックして細分割り当てされた IP プールを追加します。
  7. (オプション) 細分割り当てされた IP プールを選択し、[変更] をクリックして、細分割り当てされた IP プールの IP アドレスの範囲を変更します。
  8. (オプション) 細分割り当てされた IP プールを選択し、[削除] をクリックして、細分割り当てされた IP プールを削除します。
  9. [OK] をクリックします。