セル管理ツールを使用して、データベース高可用性クラスタ内の vCloud Director セルの IP アドレスを更新できます。

前提条件

データベース高可用性クラスタ内のセルの IP アドレスを更新するには、現在のプライマリの IP アドレスを指定する必要があります。IP アドレスを見つけるには、クラスタのステータスを確認して、プライマリ ロールを持つノードを特定します。ノードが実行されている必要があります。この行の Connection string 列のホスト値を使用して IP アドレスを特定します。データベース高可用性クラスタのステータスの確認を参照してください。

手順

  1. クラスタ内のいずれかのセルの OS に、root としてログインするか、SSH で接続します。
  2. セルがそのノードで実行されているかどうかを確認します。
    service vmware-vcd pid cell
    セルのプロセス ID が NULL でない場合は、 vCloud Director セルは実行されており、 vCloud Director セルを再起動せずにデータベースの IP アドレスを変更できます。
  3. サーバ グループ内のすべてのセルの IP アドレスを更新するには、次のコマンドを実行します。
    /opt/vmware/vcloud-director/bin/cell-management-tool reconfigure-database --database-host primary node IP address --pid cell process ID --remote-sudo-user postgres --private-key-path /opt/vmware/vcloud-director/id_rsa
    システム出力は、再設定が成功したことを示します。
  4. (オプション) vCloud Director セルが正しいデータベース IP アドレスを参照しているかどうかを確認します。
    grep "database.jdbcUrl" /opt/vmware/vcloud-director/etc/global.properties
    システム出力は、セルが更新されたことを示します。
  5. いずれかのセルが更新されていない場合は、次のコマンドを実行して再設定します。
    • セルが実行されていない場合は、次のコマンドを実行します。
      /opt/vmware/vcloud-director/bin/cell-management-tool reconfigure-database --database-host primary node IP address
    • セルが実行されている場合は、次のコマンドを実行します。
      /opt/vmware/vcloud-director/bin/cell-management-tool reconfigure-database --database-host primary node IP address -i cell process ID
  6. 実行されていないセルを再設定した場合は、次のコマンドを実行して vCloud Director を再起動します。
    service vmware-vcd restart