隔離された組織 VDC ネットワークは、組織 VDC の仮想マシンが接続できるプライベート ネットワークを提供します。このネットワークは、この組織 VDC の外部にあるマシンへの接続は提供しません。

vCloud Director Web Console では、ネットワーク プールによってバッキングされている隔離された VDC ネットワークを作成できます。NSX-T 論理スイッチによってバッキングされている隔離された VDC ネットワークを作成するには、Service Provider Admin Portal を使用する必要があります。NSX-T 組織仮想データセンター ネットワークの管理については、『vCloud Director Service Provider Admin Portal Guide』を参照してください。

IPv4 の隔離された組織 VDC ネットワークのみを作成できます。

前提条件

  • この操作には、事前定義の組織管理者ロールに含まれている権限、またはそれに相当する権限が必要です。

  • 組織 VDC には、ネットワーク プールを含める必要があります。デフォルトでは、すべての組織 VDC が VXLAN ネットワーク プールを使用して作成されます。

手順

  1. [管理] タブで、左側のペインの [仮想データセンター] をクリックします。
  2. 組織 VDC 名をダブルクリックし、組織 VDC を開きます。
  3. [組織 VDC ネットワーク] タブをクリックし、[ネットワークを追加] をクリックします。
  4. [この仮想データセンター内で隔離されたネットワークを作成します] を選択し、[次へ] をクリックします。
  5. [ネットワークの構成] 画面で、新しいネットワークの [ネットワーク CIDR] を入力します。

    network_gateway_IP_address/subnet_prefix_length(例:192.167.1.1/24)の形式を使用します。

  6. (オプション) ネットワークの DNS を設定します。
    このネットワークに接続する仮想マシンが DNS サービスを使用できるようにする場合は、ここで設定できます。必要な場合は、後でこのネットワークのプロパティを編集して、これらの設定を更新できます。
    オプション 説明
    ゲートウェイ DNS を使用 このオプションは、Edge ゲートウェイと同じ DNS 設定を使用するようにネットワークを設定するものです。ゲートウェイの [DNS リレーにデフォルト ゲートウェイを使用] プロパティが有効な場合にのみ利用可能です。
    プライマリ DNS、セカンダリ DNS、DNS サフィックス [ゲートウェイ DNS を使用] を選択しない場合は、独自の DNS の設定値を入力できます。
  7. (オプション) このネットワークの固定 IP アドレスを設定します。
    このネットワークで固定 IP アドレスを必要とする仮想マシンに割り当てる 1 つ以上のアドレスを予約する場合は、アドレスまたはアドレス範囲を入力して [追加] をクリックします。この手順を繰り返し、複数の固定 IP プールを追加します。
  8. [次へ] をクリックします。
  9. ネットワークの名前と、オプションで説明を入力します。
  10. (オプション) 組織の他の VDC が組織 VDC ネットワークを使用できるようにするには、[このネットワークを組織内の他の VDC と共有する] を選択します。
  11. (オプション) このオブジェクトのメタデータを作成または更新します。
  12. [OK] をクリックして、変更内容を保存します。
  13. [次へ] をクリックします。
  14. ネットワーク設定を確認します。
    [完了] をクリックして設定を受け入れてネットワークを作成するか、または [戻る] をクリックして設定を変更します。