vCloud Director 外部ネットワークは、システム内部のネットワークと仮想マシンをシステム外部のネットワーク、たとえば VPN、企業イントラネット、公開インターネットに接続するアップリンク インターフェイスです。外部ネットワークは、システム管理者が作成する必要があり、1 つ以上の vSphere ネットワークでバッキングできます。

システムに登録されている vCenter Server インスタンスが複数ある場合は、複数の外部ネットワークを作成し、それぞれのネットワークを vSphere ネットワークでバッキングできます。複数の vSphere ネットワーク(vCenter Server インスタンスごとに 1 つのネットワーク)でバッキングされる外部ネットワークを作成することもできます。この方法を使用すると、vCloud Director で IP アドレスを簡単に管理できます。外部ネットワークのプロパティを変更して、そのネットワーク バッキングを変更することが可能です。

vCloud Director は、IPv4 および IPv6 の外部ネットワークをサポートします。

単一の vSphere ネットワークでバッキングされる外部ネットワーク

外部ネットワークが単一の vSphere ネットワークでバッキングされる場合、システム管理者は、すべての組織の外部ネットワーク利用者が使用する IP アドレスの割り当てを管理する必要があります。これを行うには、基盤となる VLAN の IP 範囲を手動で構成し、vSphere ネットワークで重複しない一連の IP アドレスを外部ネットワークの各利用者に提供する必要があります。

複数の vSphere ネットワークでバッキングされる外部ネットワーク

外部ネットワークは、複数の vSphere ネットワークでバッキングできますが、いくつかの制約があります。
  • 外部ネットワークは、システムに登録された各 vCloud Director インスタンス上で最大 1 つのバッキング vSphere ネットワークを所有できます。
  • バッキング ネットワークのスイッチは、すべて同じタイプにする必要があります(DVSwitch または標準スイッチのいずれかを使用します)。