仮想データセンター (VDC) のコンピューティング ポリシーは、テナント ワークロードの物理コンピューティング リソース割り当てを制御します。特定のワークロード要件に基づいて物理リソースを割り当てるには、テナント ユーザーがデフォルトとカスタムの VDC コンピューティング ポリシーの中から選択します。

VDC コンピューティング ポリシーでは、組織 VDC 内の仮想マシンのコンピューティング リソースの割り当てを定義する属性がグループ化されています。コンピューティング リソースの割り当てには、CPU とメモリの割り当て、予約、制限、およびシェアが含まれます。

vCloud Director システム管理者は、グローバル レベルでコンピューティング ポリシーを作成および管理し、コンピューティング ポリシーを 1 つ以上の組織 VDC に個別に公開できます。組織 VDC に VDC コンピューティング ポリシーを公開すると、組織内のユーザーはそのポリシーを使用できるようになります。組織 VDC 内で仮想マシンを作成して管理する場合、テナント管理者は使用可能な VDC コンピューティング ポリシーを仮想マシンに割り当てることができます。組織 VDC のテナント管理者とユーザーは、VDC コンピューティング ポリシーの特定の設定を確認できません。

VDC コンピューティング ポリシーを使用すると、クラウド プロバイダは、テナントが組織 VDC 内の仮想マシンに関連付けることができる、名前付きの CPU プロファイルおよびメモリ使用量プロファイルを定義できます。VDC コンピューティング ポリシーを使用すると、クラウド プロバイダは、CPU を多用するプロファイルやメモリ使用率の高いプロファイルなど、差別化されたサービス レベルを定義して提供することができます。また、VDC コンピューティング ポリシーで組織 VDC 内の仮想マシンの CPU およびメモリ使用量を制限または制約することもできます。

VDC コンピューティング ポリシーを使用することで、 vCloud Director システム管理者は、コンピューティング リソースの使用に関する次の項目を仮想マシン レベルで制御できます。
  • vCPU の数と vCPU のクロック速度
  • 仮想マシンに割り当てるメモリの量
  • メモリおよび CPU の予約、制限、およびシェア