vCloud Director インストールを使用先の vCenter Server システムに登録します。

vCloud Directorを接続先の vCenter Server インスタンスに登録すると、vSphere Client Solutions Manager タブに拡張機能として表示されます。さらに、vCloud Director が管理する仮想マシンの [管理者] プロパティが vSphere Client によって設定され、それらの仮想マシンが vSphere Client を使用して変更されないように保護します。

重要: この手順は、 NSX Manager インスタンスに関連付けられている接続された vCenter Server インスタンスにのみ適用されます。 NSX Manager インスタンスに関連付けられていない vCenter Server インスタンスを取得および管理するには、vCloud API を使用する必要があります。

手順

  1. [管理および監視] タブの左側のペインで、[vCenter] をクリックします。
  2. vCenter Serverの名前を右クリックし、[更新] をクリックします。
  3. [はい] をクリックします。