バージョン 9.7 以降、vCloud Director アプライアンスには、高可用性機能を備えた組み込みの PostgreSQL データベースが含まれています。以前のバージョンの既存の vCloud Director 環境を、vCloud Director 9.7 アプライアンス環境で構成されている vCloud Director 環境に移行できます。

Linux 上の vCloud Director インストール環境または vCloud Director アプライアンス環境で構成されている vCloud Director 環境を移行できます。外部 Microsoft SQL データベースまたは外部 PostgreSQL データベースを使用する vCloud Director 環境を移行できます。

vCloud Director 環境で外部 Oracle データベースを使用している場合は、vCloud Director アプライアンスに移行する前に、データベースを vCloud Director バージョン 9.1 から PostgreSQL に移行する必要があります。Oracle データベースを使用する vCloud Director インストールをアップグレードするためのワークフローの詳細については、vCloud Director のアップグレードと vCloud Director アプライアンスへのパッチの適用を参照してください。