vCloud Director アプライアンスには、組み込みの PostgreSQL データベースが含まれています。組み込みの PostgreSQL データベースには、PostgreSQL サーバのクラスタに高可用性 (HA) 機能を提供する Replication Manager (repmgr) ツール スイートが含まれています。vCloud Director データベースにフェイルオーバー機能を提供するデータベース HA クラスタを使用して、アプライアンス環境を作成できます。

vCloud Director アプライアンスは、プライマリ セル、スタンバイ セル、または vCD アプリケーション セルとしてデプロイできます。vSphere Web Client または vSphere Client を使用した vCloud Director アプライアンスのデプロイVMware OVF Tool を使用した vCloud Director アプライアンスのデプロイ、またはHTTPS 通信およびコンソール プロキシ通信用の署名付きワイルドカード証明書を使用した vCloud Director アプライアンスのデプロイを参照してください。

vCloud Director データベースに HA を構成するには、サーバ グループを作成するときに、vCloud Director アプライアンスのプライマリ インスタンスを 1 つ、スタンバイ インスタンスを 2 つデプロイして、データベース HA クラスタを構成します。

図 1. vCloud Director アプライアンス データベース HA クラスタ
1 個のプライマリ セルと 2 個のスタンバイ セル

データベース HA 構成を含む vCloud Director アプライアンス環境の作成

データベース HA 構成を含む vCloud Director サーバ グループを作成するには、次のワークフローを実行します。
  1. vCloud Director アプライアンスをプライマリ セルとしてデプロイします。

    プライマリ セルは、vCloud Director サーバ グループの最初のメンバーです。組み込みデータベースは、vCloud Director データベースとして設定されます。データベース名は vcloud、データベース ユーザーは vcloud です。

  2. プライマリ セルが実行中であることを確認します。
    1. vCloud Director サービスの健全性を確認するには、システム管理者の認証情報を使用して、https://primary_eth0_ip_address/cloud にある vCloud Director Web コンソールにログインします。
    2. PostgreSQL データベースの健全性を確認するには、https://primary_eth1_ip_address:5480 にあるアプライアンス管理ユーザー インターフェイスに root としてログインします。

      プライマリ ノードのステータスが実行中になっている必要があります。

  3. vCloud Director アプライアンスの 2 つのインスタンスをスタンバイ セルとしてデプロイします。

    組み込みデータベースは、プライマリ データベースを使用してレプリケーション モードで設定されます。

    注: スタンバイ アプライアンスを最初にデプロイした後、Replication Manager はプライマリ アプライアンス データベースと自身のデータベースの同期を開始します。この期間中、 vCloud Director データベースは使用できないため、 vCloud Director のユーザー インターフェイスも使用できません。
  4. HA クラスタ内のすべてのセルが実行中になっていることを確認します。

    データベースの高可用性クラスタ内のセルのステータスの表示を参照してください。

  5. (オプション)vCD アプリケーション セルとして、vCloud Director アプライアンスのインスタンスを 1 つ以上デプロイします。

    組み込みデータベースは使用されません。vCD アプリケーション セルは、プライマリ データベースに接続されます。

1 個のプライマリ セル、2 個のスタンバイ セル、N 個の vCD アプリケーション セル

データベース HA 構成を含まない vCloud Director アプライアンス環境の作成

データベース HA 構成を含まない vCloud Director サーバを作成するには、次のワークフローを実行します。
  1. vCloud Director アプライアンスをプライマリ セルとしてデプロイします。

    プライマリ セルは、vCloud Director サーバ グループの最初のメンバーです。組み込みデータベースは、vCloud Director データベースとして設定されます。データベース名は vcloud、データベース ユーザーは vcloud です。

  2. プライマリ セルが実行中であることを確認します。
    1. vCloud Director サービスの健全性を確認するには、システム管理者の認証情報を使用して、https://primary_eth0_ip_address/cloud にある vCloud Director Web コンソールにログインします。
    2. PostgreSQL データベースの健全性を確認するには、https://primary_eth1_ip_address:5480 にあるアプライアンス管理ユーザー インターフェイスに root としてログインします。

      プライマリ ノードのステータスが実行中になっている必要があります。

  3. (オプション)vCD アプリケーション セルとして、vCloud Director アプライアンスのインスタンスを 1 つ以上デプロイします。

    組み込みデータベースは使用されません。vCD アプリケーション セルは、プライマリ データベースに接続されます。

1 個のプライマリ セルと、N 個の vCD アプリケーション セル