VMware OVF Tool を使用して、vCloud Director アプライアンスを OVF テンプレートとしてデプロイできます。

vCloud Director サーバ グループの最初のメンバーはプライマリ セルとしてデプロイする必要があります。vCloud Director サーバ グループの後続のメンバーは、スタンバイ セルまたは vCD アプリケーション セルとしてデプロイできます。アプライアンス環境とデータベースの高可用性構成を参照してください。

OVF Tool のインストールの詳細については、『VMware OVF Tool リリース ノート』を参照してください。

OVF Tool の使用方法の詳細については、『OVF Tool ユーザー ガイド』を参照してください。

デプロイ コマンドを実行する前に、vCloud Director アプライアンスのデプロイの前提条件 を参照してください。

アプライアンスをデプロイしたら、firstboot ログ ファイルで警告エラー メッセージを確認します。vCloud Director アプライアンスのログ ファイルの調査を参照してください。

vCloud Director アプライアンスをデプロイするための ovftool コマンドのオプションとプロパティ

オプション 説明
--noSSLVerify 該当なし vSphere 接続の SSL 検証をスキップします。
--acceptAllEulas 該当なし すべてのエンド ユーザー使用許諾契約書 (EULA) を承諾します。
--datastore target_vc_datastore 仮想マシンの構成ファイルおよび仮想ディスクを格納するターゲット データストアの名前。
--allowAllExtraConfig 該当なし すべての追加設定オプションを VMX 形式に変換します。
--net:"eth0 Network" portgroup_on_vc_for_eth0 アプライアンス eth0 ネットワークのターゲット ネットワーク。
重要: eth1 ターゲット ネットワークと異なるネットワークを指定する必要があります。
--net:"eth1 Network" portgroup_on_vc_for_eth1 アプライアンス eth1 ネットワークのターゲット ネットワーク。
重要: eth0 ターゲット ネットワークと異なるネットワークを指定する必要があります。
--name vm_name_on_vc アプライアンスの仮想マシン名。
--diskMode thin または thick 仮想マシンの構成ファイルおよび仮想ディスクのディスク フォーマット。
--prop:"vami.ip0.VMware_vCloud_Director" eth0_ip_address eth0 の IP アドレス。ユーザー インターフェイスおよび API へのアクセスに使用されます。このアドレスでは、DNS 逆引きによってアプライアンスのホスト名が決定および設定されます。
--prop:"vami.ip1.VMware_vCloud_Director" eth1_ip_address eth1 の IP アドレス。組み込みの PostreSQL データベース サービスを含む内部サービスにアクセスする場合に使用されます。
--prop:"vami.DNS.VMware_vCloud_Director" dns_ip_address アプライアンスのドメイン ネーム サーバの IP アドレス。
--prop:"vami.domain.VMware_vCloud_Director" domain_name DNS 検索ドメイン。検索パスの最初の要素として表示されます。
--prop:"vami.gateway.VMware_vCloud_Director" gateway_ip_address アプライアンスのデフォルト ゲートウェイの IP アドレス。
--prop:"vami.netmask0.VMware_vCloud_Director" netmask eth0 インターフェイスのネットマスクまたはプリフィックス。
--prop:"vami.netmask1.VMware_vCloud_Director" netmask eth1 インターフェイスのネットマスクまたはプリフィックス。
--prop:"vami.searchpath.VMware_vCloud_Director" a_list_of_domain_names アプライアンスのドメイン検索パス。

ドメイン名のカンマ区切りリストまたはスペース区切りリスト。

--prop:"vcloudapp.enable_ssh.VMware_vCloud_Director" true または false アプライアンスの root への SSH アクセスを有効または無効にします。
--prop:"vcloudapp.expire_root_password.VMware_vCloud_Director" true または false 最初のログイン後も初期パスワードを使用し続けるかどうかを決定します。
--prop:"vcloudapp.nfs_mount.VMware_vCloud_Director" nfs_ip_address:nfs_mount_path 外部 NFS サーバの IP アドレスとエクスポート パス。

プライマリ セルにのみ使用されます。

--prop:"vcloudapp.ntp-server.VMware_vCloud_Director" ntp_server_ip_address タイム サーバの IP アドレス。
--prop:"vcloudapp.varoot-password.VMware_vCloud_Director" ova_root_password アプライアンスの初期 root パスワード。8 文字以上(大文字、小文字、数字、特殊文字をそれぞれ 1 文字以上)を含める必要があります。
重要: 初期の root パスワードがキーストアのパスワードになります。クラスタ環境では、初期導入時にすべてのセルに同じ root パスワードを設定する必要があります。起動プロセスが完了したら、目的の任意のセルの root パスワードを変更できます。
--prop:"vcloudconf.db_pwd.VMware_vCloud_Director" db_password vcloud ユーザーのデータベース パスワード。

プライマリ セルにのみ使用されます。

--prop:"vcloudwiz.admin_email.VMware_vCloud_Director" vcd_admin_email_address システム管理者アカウントのメール アドレス。

プライマリ セルにのみ使用されます。

--prop:"vcloudwiz.admin_fname.VMware_vCloud_Director" Admin_vcd_name システム管理者アカウントの名前。

プライマリ セルにのみ使用されます。

--prop:"vcloudwiz.admin_pwd.VMware_vCloud_Director" vcd_admin_password システム管理者アカウントのパスワード。

プライマリ セルにのみ使用されます。

--prop:"vcloudwiz.admin_uname.VMware_vCloud_Director" vcd_admin_username システム管理者アカウントのユーザー名。

プライマリ セルにのみ使用されます。

--prop:"vcloudwiz.inst_id.VMware_vCloud_Director" vcd_install_ID vCloud Director インストール ID。

プライマリ セルにのみ使用されます。

--prop:"vcloudconf.sys_name.VMware_vCloud_Director" ova_system_name この vCloud Director インストールに作成する vCenter Server フォルダの名前。
--prop:"vcloudnet.routes0.VMware_vCloud_Director" ip_address1 cidr, ip_address2, ... オプション。eth0 インターフェイスのスタティック ルート。カンマ区切リストの形式でルートを指定する必要があります。ルート指定には、ゲートウェイ IP アドレスと、オプションで Classless Inter-Domain Routing (CIDR) ネットワーク指定(プリフィックス/ビット)を含める必要があります。たとえば、172.16.100.253 172.16.100/19, 172.16.200.253 のようになります。
--prop:"vcloudnet.routes1.VMware_vCloud_Director" ip_address1 cidr, ip_address2, ... オプション。eth1 インターフェイスのスタティック ルート。カンマ区切リストの形式でルートを指定する必要があります。ルート指定には、ゲートウェイ IP アドレスと、オプションで Classless Inter-Domain Routing (CIDR) ネットワーク指定(プリフィックス/ビット)を含める必要があります。たとえば、172.16.100.253 172.16.100/19, 172.16.200.253 のように指定します。
--deploymentOption primary-smallprimary-largestandby-smallstandby-large、または cell デプロイするアプライアンスのタイプとサイズ。

プライマリ(小)およびスタンバイ(小)アプライアンス サイズは、ラボ システムまたはテスト システムに適しています。プライマリ(大)およびスタンバイ(大)のサイズは、本番環境システムの最小のサイズ要件を満たします。ワークロードによっては、リソースの追加が必要になる場合があります。

  • primary-small は 12 GB の RAM と 2 つの vCPU を搭載したアプライアンスを、vCloud Director サーバ グループの最初のメンバーとしてデプロイします。プライマリ セルの組み込みデータベースは、vCloud Director データベースとして設定されます。データベース名は vcloud、データベース ユーザーは vcloud です。
  • primary-large は 24 GB の RAM と 4 つの vCPU を搭載したアプライアンスを、vCloud Director サーバ グループの最初のメンバーとしてデプロイします。プライマリ セルの組み込みデータベースは、vCloud Director データベースとして設定されます。データベース名は vcloud、データベース ユーザーは vcloud です。
  • standby-small は 12 GB の RAM と 2 つの vCPU を搭載したアプライアンスを、データベース高可用性構成の vCloud Director サーバ グループの 2 番目または 3 番目のメンバーとしてデプロイします。スタンバイ セルの組み込みデータベースは、プライマリ データベースを使用してレプリケーション モードで設定されます。
  • standby-large は 24 GB の RAM と 4 つの vCPU を搭載したアプライアンスを、データベース高可用性構成の vCloud Director サーバ グループの 2 番目または 3 番目のメンバーとしてデプロイします。スタンバイ セルの組み込みデータベースは、プライマリ データベースを使用してレプリケーション モードで設定されます。
  • cell は 8 GB の RAM と 2 つの vCPU を搭載したアプライアンスを、vCloud Director サーバ グループの後続のメンバーとしてデプロイします。vCD アプリケーション セル内の組み込みデータベースは使用されません。vCD アプリケーション セルは、プライマリ データベースに接続されます。
重要: vCloud Director サーバ グループ内のプライマリ セルおよびスタンバイ セルは、同じサイズである必要があります。データベース HA クラスタは、1 つのプライマリ セル(小)と 2 つのスタンバイ セル(小)、または 1 つのプライマリ セル(大)と 2 つのスタンバイ セル(大)で構成できます。

デプロイ後に、アプライアンスのサイズを再構成できます。

--powerOn path_to_ova デプロイ後、仮想マシンをパワーオンします。

プライマリ vCloud Director アプライアンスをデプロイするコマンドの例

ovftool \
--noSSLVerify \
--acceptAllEulas \
--datastore='datastore6' \
--allowAllExtraConfig  \
--net:"eth0 Network"="My_UI_API_Network" \
--net:"eth1 Network"="My_Internal_DB_Services_Network" \
--name=MyAppliance \
--diskMode=thin \
--prop:"vami.ip0.VMware_vCloud_Director"="10.0.0.142" \
--prop:"vami.ip1.VMware_vCloud_Director"="172.18.41.24" \
--prop:"vami.DNS.VMware_vCloud_Director"="10.0.0.2" \
--prop:"vami.domain.VMware_vCloud_Director"="mycompany.com" \
--prop:"vami.gateway.VMware_vCloud_Director"="10.0.0.1" \
--prop:"vami.netmask0.VMware_vCloud_Director"="255.255.0.0" \
--prop:"vami.netmask1.VMware_vCloud_Director"="255.255.224.0" \
--prop:"vami.searchpath.VMware_vCloud_Director"="eng.mycompany.com" \
--prop:"vcloudapp.enable_ssh.VMware_vCloud_Director"="False" \
--prop:"vcloudapp.expire_root_password.VMware_vCloud_Director"="True" \
--prop:"vcloudapp.nfs_mount.VMware_vCloud_Director"="10.0.0.96:/data/transfer" \
--prop:"vcloudapp.ntp-server.VMware_vCloud_Director"="time.mycompany.com" \
--prop:"vcloudapp.varoot-password.VMware_vCloud_Director"="44z1Bd1HwIt#" \
--prop:"vcloudconf.db_pwd.VMware_vCloud_Director"="XjO52mXAP7n#" \
--prop:"vcloudconf.admin_email.VMware_vCloud_Director"="admin@mycompany.com" \
--prop:"vcloudconf.admin_fname.VMware_vCloud_Director"="vcdadmin" \
--prop:"vcloudconf.admin_pwd.VMware_vCloud_Director"="o@e@vJW26Pnb" \
--prop:"vcloudconf.admin_uname.VMware_vCloud_Director"="administrator" \
--prop:"vcloudconf.inst_id.VMware_vCloud_Director"="59" \
--prop:"vcloudconf.sys_name.VMware_vCloud_Director"="MyAppliance" \
--deploymentOption="primary-small" \
--powerOn "/MyPath/VMware_vCloud_Director-version_number_OVF10.ova" \
vi://vc_user_name:vc_password@vc_hostname_or_ip_address/vc_dataceter_name/host/vc_cluster_name

スタンバイ vCloud Director アプライアンスをデプロイするコマンドの例

ovftool \
--noSSLVerify \
--acceptAllEulas \
--datastore='datastore6' \
--allowAllExtraConfig  \
--net:"eth0 Network"="My_UI_API_Network" \
--net:"eth1 Network"="My_Internal_DB_Services_Network" \
--name=MySecondAppliance \
--diskMode=thin \
--prop:"vami.ip0.VMware_vCloud_Director"="10.0.0.143" \
--prop:"vami.ip1.VMware_vCloud_Director"="172.18.41.25" \
--prop:"vami.DNS.VMware_vCloud_Director"="10.0.0.2" \
--prop:"vami.domain.VMware_vCloud_Director"="mycompany.com" \
--prop:"vami.gateway.VMware_vCloud_Director"="10.0.0.1" \
--prop:"vami.netmask0.VMware_vCloud_Director"="255.255.0.0" \
--prop:"vami.netmask1.VMware_vCloud_Director"="255.255.224.0" \
--prop:"vami.searchpath.VMware_vCloud_Director"="eng.mycompany.com" \
--prop:"vcloudapp.enable_ssh.VMware_vCloud_Director"="False" \
--prop:"vcloudapp.expire_root_password.VMware_vCloud_Director"="True" \
--prop:"vcloudapp.nfs_mount.VMware_vCloud_Director"="10.0.0.96:/data/transfer" \
--prop:"vcloudapp.ntp-server.VMware_vCloud_Director"="time.mycompany.com" \
--prop:"vcloudapp.varoot-password.VMware_vCloud_Director"="44z1Bd1HwIt#" \
--prop:"vcloudconf.sys_name.VMware_vCloud_Director"="MySecondAppliance" \
--deploymentOption="standby-small" \
--powerOn "/MyPath/VMware_vCloud_Director-version_number_OVF10.ova" \
vi://vc_user_name:vc_password@vc_hostname_or_ip_address/vc_dataceter_name/host/vc_cluster_name