vCloud Director アプライアンスの 1 つ以上のインスタンスをデプロイすることで、vCloud Director サーバ グループを作成できます。vCloud Director アプライアンスをデプロイするには、vSphere Client (HTML5)、vSphere Web Client (Flex)、または VMware OVF Tool を使用します。

重要: Linux 上の vCloud Director インストールおよび vCloud Director アプライアンス環境を 1 つのサーバ グループ内で混在させることはできません。

vCloud Director アプライアンスは、vCloud Director サービスを実行するために最適化された、事前設定済みの仮想マシンです。

アプライアンスは、VMware vCloud Director-v.v.v.v-nnnnnn_ OVF10.ova という形式の名前で配布されます。ここで vv.v.v は、製品バージョン、nnnnnn はビルド番号を表します。例:VMware vCloud Director-9.7.0.0-9229800_OVA10.ova

vCloud Director アプライアンスのパッケージには、次のソフトウェアが含まれています。
  • VMware Photon™ OS
  • vCloud Director サービス グループ
  • PostgreSQL 10

ラボ システムまたはテスト システムに適している vCloud Director アプライアンスのサイズは、プライマリ(大)およびスタンバイ(小)です。プライマリ(大)およびスタンバイ(大)のサイズは、本番環境システムの最小のサイズ要件を満たします。ワークロードによっては、リソースの追加が必要になる場合があります。

重要: vCloud Director アプライアンスへのサードパーティ コンポーネントのインストールはサポートされていません。 VMware 製品の相互運用性マトリックスに沿ってサポートされている VMware コンポーネントのみをインストールできます。たとえば、VMware vRealize ® Operations Manager™ または VMware vRealize ® Log Insight™ 監視エージェントをインストールできます。

アプライアンス データベースの設定

バージョン 9.7 以降、vCloud Director アプライアンスには、高可用性 (HA) 機能を備えた組み込みの PostgreSQL データベースが含まれています。データベース HA クラスタを含むアプライアンス環境を作成するには、vCloud Director アプライアンスの 1 つのインスタンスをプライマリ セルとしてデプロイし、2 つのインスタンスをスタンバイ セルとしてデプロイする必要があります。vCloud Director アプライアンスの追加インスタンスを vCD アプリケーション セルとしてサーバ グループにデプロイできます。このインスタンスでは、組み込みデータベースは使用せず、vCloud Director サービス グループのみが実行されます。vCD アプリケーション セルは、プライマリ セルのデータベースに接続されます。アプライアンス環境とデータベースの高可用性構成を参照してください。

デフォルトでは、vCloud Director アプライアンスは、レプリケーションなどのデータベース接続において、廃止された SSL の代わりに TLS を使用します。この機能は、自己署名 PostgreSQL 証明書を使用して、デプロイ後すぐにアクティブになります。認証局 (CA) からの署名付き証明書を使用するには、自己署名の組み込み PostgreSQL および vCloud Director アプライアンスの管理ユーザー インターフェイス証明書の置き換えを参照してください。

注: vCloud Director アプライアンスは、外部データベースをサポートしません。

アプライアンス ネットワークの設定

バージョン 9.7 以降、データベース トラフィックから HTTP トラフィックを隔離するために vCloud Director アプライアンスは 2 つのネットワーク( eth0eth1)を使用してデプロイされます。複数のサービスが、対応するネットワーク インターフェイスのいずれかまたは両方で待機します。
サービス eth0 のポート eth1 のポート
SSH 22 22
HTTP 80 該当なし
HTTPS 443 該当なし
PostgreSQL 該当なし 5432
管理ユーザー インターフェイス 5480 5480
コンソール プロキシ 8443 該当なし
JMX 8998、8999 該当なし
JMS/ActiveMQ 61616 該当なし

vCloud Director アプライアンスでは、ユーザーは iptables を使用してファイアウォール ルールをカスタマイズできます。カスタムの iptables ルールを追加するには、設定データを /etc/systemd/scripts/iptables ファイルの末尾に追加します。