Cross-vCenter NSX ネットワークを有効にするには、リージョン B の NSX Manager をセカンダリとして構成します。この操作は、リージョン A にあるプライマリ NSX Manager から実行します。リージョン B の管理クラスタを、ローカル vCenter Server からユニバーサル トランスポート ゾーンに参加させます。

手順

  1. vSphere Web Client を使用して、管理 vCenter Server にログインします。
    1. Web ブラウザを開き、https://vcenter_server_address_region_A/vsphere-client に移動します。
    2. 次の認証情報を使用してログインします。
      設定
      ユーザー名 administrator@vsphere.local
      パスワード vsphere_admin_password
  2. セカンダリ ロールをリージョン B の管理 NSX Manager に割り当てます。
    1. [ナビゲータ]で、[ネットワークとセキュリティ] をクリックします。
    2. [ナビゲータ]で、[インストール] をクリックします。
    3. [管理] タブで、管理 NSX インスタンスを選択します。
    4. [アクション] > [セカンダリ NSX Manager を追加] の順に選択します。
    5. [セカンダリ NSX Manager を追加] ダイアログ ボックスで、次の設定を入力し、[OK] をクリックします。
      設定
      NSX Manager リージョン B の管理 NSX Manager の IP アドレス
      ユーザー名 admin
      パスワード mgmtnsx_admin_password
      パスワードの確認 mgmtnsx_admin_password
    6. [信頼証明書] の確認ダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。
  3. vSphere Web Client を使用して、管理 vCenter Server にログインします。
    1. Web ブラウザを開き、https://vcenter_server_address_region_B/vsphere-client に移動します。
    2. 次の認証情報を使用してログインします。
      設定
      ユーザー名 administrator@vsphere.local
      パスワード vsphere_admin_password
  4. リージョン B の vCenter Server で、リージョン B の管理クラスタを管理ユニバーサル トランスポート ゾーンに追加します。
    1. [ナビゲータ]で、[ネットワークとセキュリティ] をクリックします。
    2. [ナビゲータ]で、[インストール] をクリックします。
    3. [インストール] 画面で、[論理ネットワークの準備] タブをクリックし、[トランスポート ゾーン] をクリックします。
    4. [管理ユニバーサル トランスポート ゾーン] を選択し、[クラスタの接続] アイコンをクリックします。
    5. [クラスタの接続] ダイアログ ボックスで、リージョン B の管理クラスタを選択し、[OK] をクリックします。
  5. ディザスタ リカバリ用に構成するワークロード ドメインについて、この手順を繰り返します。