VMkernel アダプタを作成して、ターゲット ESXi ホスト上の受信レプリケーション トラフィックを分離し、レプリケーション トラフィック用に割り当てられたデータセンター ネットワークにアダプタを接続します。

手順

  1. vSphere Web Client を使用して、管理 vCenter Server にログインします。
    1. Web ブラウザを開き、https://vcenter_server_address_region_B/vsphere-client に移動します。
    2. 次の認証情報を使用してログインします。
      設定
      ユーザー名 administrator@vsphere.local
      パスワード vsphere_admin_password
  2. 各ホストで vSphere Replication 用の VMkernel アダプタを作成します。
    1. [ホーム] > [ホストおよびクラスタ] の順に選択します。
    2. [vCenter Server] ツリーを展開し、[vRack-Cluster] クラスタ内の管理ホストを選択します。
    3. [設定] タブをクリックし、[ネットワーク][VMkernel アダプタ] を選択します。
    4. [ホスト ネットワークの追加] アイコンをクリックします。
    5. [ネットワークの追加] ウィザードの [接続タイプの選択] 画面で、[vmkernel ネットワーク アダプタ] を選択して [次へ] をクリックします。
    6. [ターゲット デバイスの選択] 画面で、[既存のネットワークの選択] の横にある [参照] をクリックし、以前に vSphere Replication に割り当てられたデータセンター ネットワークを選択して、[OK][次へ] の順にクリックします。
    7. [ポートのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[vSphere Replication] および [vSphere Replication NFC] チェック ボックスを選択して、[次へ] をクリックします。
    8. [IPv4 設定] 画面で、[固定 IPv4 設定を使用します] を選択し、リージョン間のレプリケーション トラフィックのルーティングに使用する IPv4 設定を入力して、[次へ] をクリックします。
    9. [設定内容の確認] 画面で設定を確認し、[終了] をクリックします。
  3. vSphere Replication VMkernel アダプタの MTU を設定します。
    1. [VMkernel アダプタ] 画面で、新しく作成した VMkernel ポートを選択し、[設定の編集] アイコンをクリックします。
    2. [設定の編集] ダイアログ ボックスで、[NIC 設定] をクリックします。
    3. [NIC 設定] 画面で、[MTU]9000 に変更し、[OK] をクリックします。
  4. 管理クラスタ内のすべてのホストに対して「手順 2」と「手順 3」の手順を繰り返します。
  5. ディザスタ リカバリ用に構成するワークロード ドメインについて、この手順を繰り返します。