1 つのリージョン内の 2 つのアベイラビリティ ゾーンにまたがって、管理ドメインまたは VUM ベースの VI ワークロード ドメインの NSX-T クラスタをストレッチできます。いずれかのアベイラビリティ ゾーンが停止した場合に確実にフェイルオーバーするには、両方のアベイラビリティ ゾーンに同数のホストが配置されている必要があります。

ワークロード ドメイン クラスタをストレッチするには、まずデフォルトの管理クラスタをストレッチする必要があります。これにより、プライマリ アベイラビリティ ゾーンのストレッチ クラスタが停止しても、引き続き NSX 制御プレーンと管理仮想マシン(vCenter Server、NSX、SDDC Manager)にアクセスできます。

クラスタのストレッチのユースケースは次のとおりです。
  • 計画メンテナンス

    ダウンタイムを発生させることなくアベイラビリティ ゾーンで計画メンテナンスを実行し、メンテナンスの完了後にアプリケーションを移行できます。

  • 自動リカバリ

    クラスタをストレッチすると、仮想マシンの再起動とリカバリが自動的に開始され、ほとんどの予想外の障害について復旧時間を短縮することができます。

  • 災害の回避

    ストレッチ クラスタを使用すると、災害が発生する前にサービスの停止を防ぐことができます。