この手順では、2 つのアベイラビリティ ゾーンにまたがってクラスタをストレッチする方法について説明します。ストレッチ クラスタは、VUM ベースの VI ワークロード ドメインでのみサポートされます。

例として、オフィスの敷地内にある 2 棟の建物に AZ1 と AZ2 という 2 つのアベイラビリティ ゾーンがあるユースケースについて考えます。各アベイラビリティ ゾーンには、専用の電源とネットワークがあります。管理ドメインは、AZ1 にあり、デフォルトのクラスタ [SDDC-Cluster1] を含んでいます。このクラスタには 4 台の ESXi ホストが含まれています。AZ1 には、デフォルトのブリングアップ プール bringup-networkpool も含まれています。
vSAN ネットワーク VLANID = 1623
MTU = 9000
ネットワーク = 172.16.234.0
ネットマスク 255.255.255.0
ゲートウェイ 172.16.23.253
IP アドレス範囲 = 172.16.23.11~172.16.234.59
vMotion ネットワーク VLANID = 1622
MTU = 9000
ネットワーク = 172.16.22.0
ネットマスク 255.255.255.0
ゲートウェイ 172.16.22.253
IP アドレス範囲 = 172.16.22.11~172.16.22.59

AZ2 には 4 台の ESXi ホストがありますが、まだ VMware Cloud Foundation インベントリには含まれていません。

管理ドメイン内のデフォルトのクラスタ SDDC-Cluster1 を AZ1 から AZ2 にストレッチします。

図 1. クラスタのストレッチの例

前提条件

  • 環境が、管理ドメインでアベイラビリティ ゾーン 2 を実装する場合の前提条件を満たしていることを確認します。管理ドメインにアベイラビリティ ゾーン 2 を実装する場合の前提条件を参照してください。
  • vSAN Witness(監視)ホストが展開および構成されている必要があります。vSAN Witness(監視)ホストの展開および構成を参照してください。
  • アベイラビリティ ゾーン 2 のデータセンター インフラストラクチャへのルーティングを構成し、障害が発生した場合にインフラストラクチャ仮想マシンを再起動する順序を設定します。VMware Validated Design のドキュメントで、リージョン A の管理ドメインにおけるアベイラビリティ ゾーン 2 の NSX-T Data Center の構成を参照してください。このドキュメントは、事前設定されたオブジェクト命名規則に従っています。これを例として、独自の命名規則に従ってください。
  • 外部ネットワーク上のすべての仮想マシンは、オーバーレイでバッキングされたセグメントに配置する必要があります。VLAN 上にある場合は、その VLAN もストレッチする必要があります。
  • 各アベイラビリティ ゾーンのホストが同数になるように、十分な数のホストがあることを確認します。これは、1 つのアベイラビリティ ゾーンが完全に停止した場合に十分なリソースが確保されるようにするためです。
  • vSAN ネットワークに必要な TCP ポートおよび UDP ポートが、アベイラビリティ ゾーン間の通信と、Witness(監視)ホストと 2 つのアベイラビリティ ゾーン間の通信用に開いていることを確認します。ナレッジベースの記事 KB52959 を参照してください。
  • VI ワークロード ドメイン内のクラスタをストレッチする場合は、デフォルトの管理ドメイン クラスタがストレッチされている必要があります。

手順

  1. AZ2 でネットワーク プール AZ2-networkpool を作成します。ネットワーク プールの作成 を参照してください。
    この例に基づくネットワーク プールのネットワークの詳細は、次のとおりです。
    vSAN ネットワーク VLANID = 1623
    MTU = 9000
    ネットワーク = 172.16.234.0
    ネットマスク = 255.255.255.0
    ゲートウェイ = 172.16.234.1
    IP アドレス範囲 = 172.16.234.11~172.16.234.59
    vMotion ネットワーク VLANID = 1612
    MTU = 9000
    ネットワーク = 172.16.22.0
    ネットマスク 255.255.255.0
    ゲートウェイ 172.16.22.1
    IP アドレス範囲 = 172.16.22.11~172.16.22.59
  2. AZ2 内の 4 台のホストをコミッショニングし、AZ2-networkpool に関連付けます。この例では、172.16.21.105、172.16.21.106、172.16.21.107、172.16.21.108 です。
    ホストのコミッショニング を参照してください。
  3. AZ2 のホストの UID を取得します。
    1. SDDC Manager ダッシュボードで、[デベロッパー センター] > [API Explorer] の順にクリックします。
    2. ホスト管理用の API で [GET /v1/hosts] をクリックします。
    3. [実行] をクリックします。
    4. [ダウンロード] をクリックして、JSON ファイルをダウンロードします。
    5. JSON ファイルを開いて、AZ2 のホストの UID をコピーします。
  4. ストレッチするクラスタの ID を取得します(この例では SDDC-Cluster1)。
    1. API Explorer で、クラスタ管理用の API に移動し、GET /v1/clusters をクリックします。
    2. [実行] をクリックします。
    3. [ダウンロード] をクリックして、JSON ファイルをダウンロードします。
    4. JSON ファイルを開いて、SDDC-Cluster1 のクラスタ ID をコピーします。
  5. クラスタのストレッチ API を検証します。
    1. JSON 要求の本文を準備します。
      1. [クラスタの管理] の API セクションで、POST /v1/clusters/id/validations をクリックします。
      2. clusterUpdateSpec で、Cluster Update Data ClusterOperationSpecValidation をクリックします。
      3. [ダウンロード] をクリックして、JSON ファイルをダウンロードします。
      4. ダウンロードした JSON ファイルを編集して、次の例のようなストレッチ セクションのみが含まれるようにします。
        {
          “clusterUpdateSpec” : {    
            "clusterStretchSpec": {
                "hostSpecs": [ {
                    "id": "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx",
                    "licenseKey": "XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX"
                },  {
                    "id": "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx",
                    "licenseKey": "XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX"
                },  {
                    "id": "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx",
                    "licenseKey": "XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX"
                },  {
                    "id": "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx",
                    "licenseKey": "XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX"
                } ],
                "secondaryAzOverlayVlanId": 1624,
                "witnessSpec": {
                    "fqdn": "sfo03m01vsanw01.sfo.rainpole.local",
                    "vsanCidr": "172.17.13.0/24",
                    "vsanIp": "172.17.13.201"
                }
            }
          }
        }
      5. 監視 FQDN、CIDR、vSAN IP アドレス、およびホスト ID とライセンス キーの値を更新します。
    2. API コマンドを実行します。
      1. POST /v1/clusters/id/validations をクリックします。
      2. ClusterOperationSpecValidation フィールドで、クラスタ UID(手順 4 で取得)とホスト UID(手順 3 で取得)を更新します。
    3. [実行] をクリックします。
      検証が成功したことを確認します。エラーがある場合は、解決してから再度検証を実行します。
  6. クラスタをストレッチします。
    1. JSON 要求の本文を準備します。
      1. Patch /v1/clusters/id をクリックします。
      2. ClusterUpdateSpecCluster Update Data ClusterUpdateSpec{ ... } をクリックします。
      3. [ダウンロード] をクリックして、JSON ファイルをダウンロードします。
      4. JSON ファイルを編集して、次の例のようなストレッチ セクションのみが含まれるようにします。
        {
            "clusterStretchSpec": {
                "hostSpecs": [ {
                    "id": "2c1744dc-6cb1-4225-9195-5cbd2b893be6",
                    "licenseKey": "XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX"
                },  {
                    "id": "6b38c2ea-0429-4c04-8d2d-40a1e3559714",
                    "licenseKey": "XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX"
                },  {
                    "id": "5b704db6-27f2-4c87-839d-95f6f84e2fd0",
                    "licenseKey": "XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX"
                },  {
                    "id": "5333f34f-f41a-44e4-ac5d-8568485ab241",
                    "licenseKey": "XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX"
                } ],
                "secondaryAzOverlayVlanId": 1624,
                "witnessSpec": {
                    "fqdn": "sfo03m01vsanw01.sfo.rainpole.local",
                    "vsanCidr": "172.17.13.0/24",
                    "vsanIp": "172.17.13.201"
                }
            }
        }
      5. 監視 FQDN、CIDR、vSAN IP アドレス、およびホスト ID とライセンス キーの値を更新します。
      6. [実行] をクリックします。

        クラスタの拡張タスクが SDDC Manager タスク パネルに表示されます。

      7. クラスタのストレッチ タスクが完了するまで監視します。
  7. vCenter Server にログインして、クラスタが適切にストレッチされていることを確認します。
    1. [vSAN の健全性] 画面を確認します。
      1. [ホストおよびクラスタ] をクリックします。
      2. ストレッチ クラスタ(例では SDDC-Cluster1)を選択します。
      3. [監視] > [vSAN] > [健全性] の順にクリックします。
      4. [再テスト] をクリックします。
      5. エラーがある場合は修正します。
    2. [vSAN ストレージ ポリシー] 画面を確認します。
      1. [ポリシーおよびプロファイル] > [仮想マシン ストレージ ポリシー] > [vSAN デフォルト ストレージ ポリシー] の順にクリックします。
      2. ストレッチ クラスタ(例では SDDC-Cluster1)について vCenter Server に関連付けられているポリシーを選択します。
      3. [監視] > [仮想マシンと仮想ディスク] の順にクリックします。
      4. [更新] をクリックします。
      5. [仮想マシン ストレージ ポリシーのコンプライアンス チェックのトリガ] をクリックします。
      6. エラーがある場合は修正します。

次のタスク

プライマリ AZ に新しい仮想マシンを追加し、新しい仮想マシンのホスト ルールをプライマリ AZ ルールに関連付けます。