Tanzu Kubernetes クラスタを展開する前に、サブスクライブ済みコンテンツ ライブラリを作成して、VMware Tanzu™ Kubernetes Grid™ サービスが Tanzu Kubernetes クラスタ ノードの作成に使用する仮想マシン イメージを保存します。

サブスクライブ済みコンテンツ ライブラリは、vSphere Client または PowerShell を使用して作成できます。

手順

  1. vSphere Client を使用してサブスクライブ済みコンテンツ ライブラリを作成するには、次の手順を実行します。
    1. Web ブラウザで、vSphere Client (https://<vcenter_server_fqdn>/ui) を使用してワークロード ドメイン vCenter Server にログインします。
    2. [メニュー] > [コンテンツ ライブラリ] の順に選択します。
    3. [コンテンツ ライブラリ] インベントリで、[+ 作成] をクリックします。
    4. [名前と場所] 画面で、設定を構成し、[次へ] をクリックします。

      設定

      名前

      Kubernetes

      vCenter Server

      ワークロード ドメイン vCenter Server を選択します。

    5. [コンテンツ ライブラリの設定] 画面で、[サブスクライブ済みコンテンツ ライブラリ] を選択し、設定を構成して、[次へ] をクリックします

      設定

      サブスクリプション URL

      https://wp-content.vmware.com/v2/latest/lib.json

      認証の有効化

      選択解除

      コンテンツのダウンロード

      今すぐ

    6. [Kubernetes - 信頼性を確認できません] ダイアログ ボックスで、[はい] をクリックして SSL 証明書のサムプリントを受け入れます。
    7. [ストレージの追加] 画面で、vSAN データストアを選択し、[次へ] をクリックします。
    8. [設定の確認] 画面で設定を確認し、[完了] をクリックします。
  2. PowerShell を使用してサブスクライブ済みコンテンツ ライブラリを作成するには、次の手順を実行します。
    1. PowerShell コンソールを開き、次のコマンドを入力して入力の変数を定義します。
      $sddcManagerFqdn = "sfo-vcf01.sfo.rainpole.io"
      $sddcManagerUsername = "administrator@vsphere.local"
      $sddcManagerPassword = "VMw@re1!"
      $wldName = "sfo-w01"
      $contentLibraryUrl = "https://wp-content.vmware.com/v2/latest/lib.json"
      $contentLibraryName = "Kubernetes"
      $wldDatastoreName = "sfo-w01-cl01-ds-vsan01"
    2. 次のコマンドを入力して構成を実行します。
      Add-ContentLibrary -Server $sddcManagerFqdn -User $sddcManagerUsername -Pass $sddcManagerPassword -Domain $wldName -ContentLibraryName $contentLibraryName -Datastore $wldDatastoreName -SubscriptionUrl $contentLibraryUrl