VMware Cloud Foundation のコンテナ化されたワークロードを実行する VI ワークロード ドメインのコンポーネントを、特定の順序でシャットダウンします。必要なインフラストラクチャ、ネットワーク、管理サービスをできるだけ長く維持して、シャットダウンまでの間、コンポーネントが動作し続けるようにします。

vSphere with Tanzu およびコンテナを実行する、または仮想化されたワークロードを実行する VI ワークロード ドメインの管理コンポーネントをシャットダウンしてから、管理ドメインのコンポーネントをシャットダウンします。

NSX Manager クラスタと NSX Edge クラスタが他の VI ワークロード ドメインと共有されている場合は、次の一般的な順序に従います。

  1. NSX インスタンスを共有するすべての VI ワークロード ドメインのユーザー ワークロードをシャットダウンします。そうしないと、NSX をシャットダウンしたときに、ユーザー ワークロードにあるすべての NSX ネットワーク サービスが中断されます。

  2. 共有 NSX Edge ノードを実行する VI ワークロード ドメインをシャットダウンします。

  3. 他の VI ワークロード ドメインをシャットダウンします。

vSphere with Tanzu の VI ワークロード ドメインのシャットダウン順序

表 1. vSphere with Tanzu の VI ワークロード ドメインのシャットダウン順序

シャットダウン順序

SDDC コンポーネント

1

コンテナ化されたユーザー ワークロード

2

vSphere with Tanzu 仮想マシンの場所の特定*

3

VI ワークロード ドメインの vSphere クラスタ サービス仮想マシン*

4

VI ワークロード ドメインの vCenter Server *

5

スーパーバイザー クラスタ制御プレーン仮想マシン

6

Tanzu Kubernetes クラスタ制御プレーン仮想マシン

7

Tanzu Kubernetes クラスタ ワーカー仮想マシン

8

Harbor 仮想マシン

9

VI ワークロード ドメインの NSX Edge ノード*

10

VI ワークロード ドメインの NSX Manager ノード*

11

VI ワークロード ドメインの vSAN ホストと ESXi ホスト*

* シャットダウン手順の詳細については、以下を参照してください。

ESXi ホストでの vSphere with Tanzu 仮想マシンの場所の特定

vSphere with Tanzu で VI ワークロード ドメインのシャットダウンを開始する前に、ワークロード ドメインの仮想マシンと、その仮想マシンがデプロイされている ESXi ホストとの間のマッピングを取得します。このマッピングは後で、特定の ESXi ホストにログインして特定の管理仮想マシンをシャットダウンするのに使用します。

手順

  1. Windows PowerShell を起動します。
  2. 次のコマンドを実行して、VI ワークロード ドメインの vCenter Server へ接続します。
    Connect-VIServer -Server <workload_domain_vCenter_server_fqdn> -User administrator@vsphere.local -Password vsphere_admin_password 
  3. 次のコマンドを実行して、仮想マシンからホストへのマッピングを、Windows マシンの C:¥VMToHostMapping.csv ファイルに生成します。
    Get-VM | Select Name,VMHost | Export-Csv -Path C:\VMToHostMapping.csv -NoTypeInformation

vSphere クラスタ サービス仮想マシンのシャットダウン

vSphere クラスタ サービス (vCLS) 仮想マシンを VMware Cloud Foundation の VI ワークロード ドメインでシャットダウンするには、クラスタを退避モードにします。退避モードでは、vCLS 仮想マシンのクリーンアップがトリガされます。

手順

  1. VI ワークロード ドメイン vCenter Server (https://<vcenter_server_fqdn>/ui) に administrator@vsphere.local としてログインします。
  2. [ホストおよびクラスタ] インベントリで、VI ワークロード ドメイン vCenter Server のツリーを展開し、VI ワークロード ドメインのデータセンターを展開します。
  3. vCLS をシャットダウンする必要があるクラスタを選択します。
  4. クラスタのドメイン ID (domain-c(cluster_domain_id)) をブラウザの URL フィールドからコピーします。

    vSphere Client でクラスタへ移動すると、URL は次のようになります。

    https://<fqdn-of-vCenter-server>/ui/app/cluster;nav=h/urn:vmomi:ClusterComputeResource:domain-c8:eef257af-fa50-455a-af7a-6899324fabe6/summary

    コピーするのは domain-c8 のみです。

  5. [ホストおよびクラスタ] インベントリで、vCenter Server インスタンスを選択し、[構成] タブをクリックします。
  6. [詳細設定] で、[設定の編集] ボタンをクリックします。
  7. ドメイン クラスタ ID の config.vcls.clusters.domain-c(number).enabled プロパティを 手順 4 から見つけ、false に設定します。

    プロパティがない場合は、追加します。その場合、クラスタのエントリを vSphere Client から削除することはできません。ただし、このエントリを保持しても問題はありません。

  8. [保存] をクリックします。

結果

vCLS 監視サービスで、vCLS 仮想マシンのクリーンアップを開始します。クラスタの vSphere DRS が有効になっている場合、これは機能しなくなり、さらなる警告がクラスタのサマリに表示されます。vSphere DRS は、vCLS がこのクラスタで再度有効になるまで、無効のままです。

vSphere with Tanzu を使用する仮想インフラストラクチャ ワークロード ドメインの vCenter Server のシャットダウン

VMware Cloud Foundation の vSphere with Tanzu を使用する VI ワークロード ドメインの vCenter Server インスタンスをシャットダウンするには、vSphere Client を使用します。Kubernetes サービスを停止し、vSAN の健全性ステータスを確認します。

手順

  1. ワークロード ドメイン vCenter Server の Kubernetes サービスをシャットダウンします。
    1. Secure Shell (SSH) クライアントを使用して、vCenter Server に root としてログインします。
    2. Bash シェルへ切り替えるため、shell コマンドを実行します。
    3. 次のコマンドを実行して、Kubernetes サービスを停止します。
      vmon-cli -k wcp
    4. 次のコマンドを実行して、Kubernetes サービスのステータスを確認します。
      vmon-cli -s wcp

      出力には「RunState: STOPPED」が含まれている必要があります。

  2. VI ワークロード ドメイン vCenter Server (https://<vcenter_server_fqdn>/ui) に administrator@vsphere.local としてログインします。
  3. vSAN の健全性と再同期のステータスを確認します。
    1. vSAN クラスタを選択し、[監視] タブをクリックします。
    2. 左側のペインで、[vSAN] > [Skyline Health] に移動し、[健全性検出] の vSAN 健全性チェックの各カテゴリのステータスと、クラスタの健全性スコアが 100% であることを確認します。
    3. 左側のペインの [vSAN] > [オブジェクトの再同期] で、すべての同期タスクが完了していることを確認します。
  4. ワークロード ドメイン内の vSAN クラスタで vSphere HA がオンになっている場合は、シャットダウン プロセス中に vSAN がパーティション分割された後、vSphere HA が仮想マシンの移行を開始しないように、vSphere HA を停止します。
    1. vSAN クラスタを選択し、[構成] タブをクリックします。
    2. 左側のペインで [サービス] > [vSphere の可用性] を選択し、[編集] ボタンをクリックします。
    3. [クラスタ設定の編集] ダイアログ ボックスで、vSphere HA をオフにして [OK] をクリックします。

    この操作が完了するまでには数分かかります。

  5. 管理ドメイン vCenter Server (https://<vcenter_server_fqdn>/ui) に administrator@vsphere.localとしてログインします。
  6. [仮想マシンおよびテンプレート] インベントリで、管理ドメインの vCenter Server ツリーを展開し、管理ドメイン データセンターを展開します。
  7. vCenter Server をシャットダウンします。
    1. VI ワークロード ドメインで vCenter Server 仮想マシンを見つけます。
    2. 仮想マシンを右クリックし、[電源] > [ゲスト OS のシャットダウン] を選択します。
    3. 確認ダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。

    この操作が完了するまでには数分かかります。

vSphere with Tanzu の NSX Edge ノードのシャットダウン

物理データセンター ネットワークと NSX SDN ネットワークとの間の North-South トラフィック接続を提供する NSX Edge ノードをシャットダウンすることで、vSphere with Tanzu を使用する VI ワークロード ドメインの NSX インフラストラクチャのシャットダウンを開始します。

ドメインの vCenter Server インスタンスはすでにダウンしているため、NSX Edge ノードは実行中の ESXi ホストからシャットダウンします。

手順

  1. VMware Host Client を使用して、最初の NSX Edge ノードを実行する ESXi ホストに root として ログインします。
  2. ナビゲーション ペインで、[仮想マシン] をクリックします。
  3. NSX Edge 仮想マシンを右クリックし、[ゲスト OS] > [シャットダウン] を選択します。
  4. 確認ダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。
  5. この手順を繰り返して、vSphere with Tanzu の VI ワークロード ドメインの残りの NSX Edge ノードをシャットダウンします。

NSX Manager ノードのシャットダウン

vSphere Client を使用して 3 ノード NSX Manager クラスタをシャットダウンすることで、管理ドメインまたは VI ワークロード ドメインの NSX インフラストラクチャのシャットダウンを続行します。

手順

  1. 管理ドメイン vCenter Server (https://<vcenter_server_fqdn>/ui) に administrator@vsphere.localとしてログインします。
  2. [仮想マシンおよびテンプレート] インベントリで、管理ドメインの vCenter Server ツリーを展開し、管理ドメイン データセンターを展開します。
  3. プライマリ NSX Manager 仮想マシンを右クリックし、[電源] > [ゲスト OS のシャットダウン] を選択します。
  4. 確認ダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。

    この操作が完了するまでには数分かかります。

  5. この手順をドメインの残りの NSX Manager 仮想マシンで繰り返します。

vSphere with Tanzu を使用した仮想インフラストラクチャ ワークロード ドメインの vSAN ホストと ESXi ホストのシャットダウン

vSphere with Tanzu を使用して、VI ワークロード ドメインの vSAN ホストと ESXi ホストをシャットダウンします。このためには、vSAN クラスタをシャットダウンできるよう準備し、各 ESXi ホストをメンテナンス モードにすることで仮想マシンがホストでデプロイされたり起動されたりしないようにしてから、ホストをシャットダウンします。

vSphere with Tanzu の VI ワークロード ドメインでは、ドメインの vCenter Server インスタンスがすでにダウンしています。したがって、シャットダウン操作は ESXi ホストで VMware Host Client を使用して実行します。

手順

  1. SDDC Manager アプライアンスの SoS ユーティリティを使用して、ワークロード ドメインの ESXi ホストで SSH をオンにします。
    1. Secure Shell (SSH) クライアントを使用して、SDDC Manager アプライアンスに vcf としてログインします。
    2. su コマンドを実行して root パスワードを入力することにより、root ユーザーへ切り替えます。
    3. 次のコマンドを実行します。
      /opt/vmware/sddc-support/sos --enable-ssh-esxi --domain domain-name
  2. Secure Shell (SSH) クライアントを使用して、ワークロード ドメイン クラスタの最初の ESXi ホストに root としてログインします。
  3. vSAN クラスタには、次のコマンドを実行して vSAN クラスタ メンバーの更新を無効にします。
    esxcfg-advcfg -s 1 /VSAN/IgnoreClusterMemberListUpdates

    このコマンドは、「Value of IgnoreClusterMemberListUpdates is 1」を返します。

  4. 手順 2手順 3 をクラスタの残りのホストで繰り返します。
  5. vSAN クラスタごとに、最初の ESXi ホストで、次のコマンドを実行して、vSAN クラスタをシャットダウンできるよう準備します。
    python /usr/lib/vmware/vsan/bin/reboot_helper.py prepare

    このコマンドは、「Cluster preparation is done!」を返します。

  6. 次のコマンドを実行して、ESXi ホストをメンテナンス モードにします。
    esxcli system maintenanceMode set -e true -m noAction

    コマンドが完了したらプロンプトが表示されることを確認します。

  7. ホストがメンテナンス モードであることを確認します。
    esxcli system maintenanceMode get
  8. 手順 6手順 7 をワークロード ドメイン クラスタ内の残りのホストで繰り返します。
  9. ワークロード ドメイン クラスタ内の ESXi ホストをシャットダウンします。
    1. クラスタの最初の ESXi ホスト ([https://<esxi_host_fqdn>/ui]) に root としてログインします。
    2. ナビゲーション ペインで [ホスト] を右クリックし、ドロップダウン メニューから [シャットダウン] を選択します。
    3. 確認ダイアログ ボックスで [シャットダウン] をクリックします。
    4. この手順をクラスタ内の残りのホストで繰り返します。