VMware Cloud Foundationの仮想化されたワークロードを実行する VI ワークロード ドメインのコンポーネントを、特定の順序でシャットダウンします。必要なインフラストラクチャ、ネットワーク、管理サービスをできるだけ長く維持して、シャットダウンまでの間、コンポーネントが動作し続けられるようにします。

VI ワークロード ドメインの管理コンポーネントをシャットダウンしてから、管理ドメインのコンポーネントをシャットダウンします。

NSX Manager クラスタと NSX Edge クラスタが他の VI ワークロード ドメインと共有されている場合は、次の一般的な順序に従います。

  1. VMware NSX® インスタンスを共有するすべての VI ワークロード ドメインのユーザー ワークロードをシャットダウンします。そうしないと、NSX をシャットダウンしたときに、ユーザー ワークロードにあるすべての NSX ネットワーク サービスが中断されます。

  2. 共有 NSX Edge ノードを実行する VI ワークロード ドメインをシャットダウンします。

  3. 他の VI ワークロード ドメインをシャットダウンします。

VI ワークロード ドメインのシャットダウン順序

表 1. VI ワークロード ドメインのシャットダウン順序

シャットダウン順序

SDDC コンポーネント

1

仮想化されたユーザー ワークロード

2

VI ワークロード ドメインの Site Recovery Manager

3

VI ワークロード ドメインの vSphere Replication

4

VI ワークロード ドメインの NSX Edge ノード*

5

VI ワークロード ドメインの NSX Manager ノード*

6

VI ワークロード ドメインの vSphere クラスタ サービス仮想マシン*

7 VI ワークロード ドメインの ESXi ホストと VMware vSAN™*

8

VI ワークロード ドメインの vCenter Server *

* シャットダウン手順の詳細については、以下を参照してください。

NSX Edge ノードのシャットダウン

物理データセンター ネットワークと NSX SDN ネットワークとの間の North-South トラフィック接続を提供する NSX Edge ノードをシャットダウンすることで、VMware Cloud Foundation の管理ドメインまたは VI ワークロード ドメインの NSX インフラストラクチャのシャットダウンを開始します。

手順

  1. 管理ドメインまたは VI ワークロード ドメインの vCenter Server (https://<vcenter_server_fqdn>/ui) に administrator@vsphere.local としてログインします。
  2. [仮想マシンおよびテンプレート] インベントリで、ワークロード ドメイン vCenter Server のツリーを展開し、ワークロード ドメインのデータセンターを展開します。
  3. 管理ドメインまたは VI ワークロード ドメインの NSX Edge 仮想マシンを右クリックし、[電源] > [ゲスト OS のシャットダウン] を選択します。
  4. 確認ダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。

    この操作が完了するまでには数分かかります。

  5. この手順をドメインの残りの NSX Edge ノードで繰り返します。

NSX Manager ノードのシャットダウン

vSphere Client を使用して 3 ノード NSX Manager クラスタをシャットダウンすることで、管理ドメインまたは VI ワークロード ドメインの NSX インフラストラクチャのシャットダウンを続行します。

手順

  1. 管理ドメイン vCenter Server (https://<vcenter_server_fqdn>/ui) に administrator@vsphere.localとしてログインします。
  2. [仮想マシンおよびテンプレート] インベントリで、管理ドメインの vCenter Server ツリーを展開し、管理ドメイン データセンターを展開します。
  3. プライマリ NSX Manager 仮想マシンを右クリックし、[電源] > [ゲスト OS のシャットダウン] を選択します。
  4. 確認ダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。

    この操作が完了するまでには数分かかります。

  5. この手順をドメインの残りの NSX Manager 仮想マシンで繰り返します。

vSphere クラスタ サービス仮想マシンのシャットダウン

vSphere クラスタ サービス (vCLS) 仮想マシンを VMware Cloud Foundation の VI ワークロード ドメインでシャットダウンするには、クラスタを退避モードにします。退避モードでは、vCLS 仮想マシンのクリーンアップがトリガされます。

手順

  1. VI ワークロード ドメイン vCenter Server (https://<vcenter_server_fqdn>/ui) に administrator@vsphere.local としてログインします。
  2. [ホストおよびクラスタ] インベントリで、VI ワークロード ドメイン vCenter Server のツリーを展開し、VI ワークロード ドメインのデータセンターを展開します。
  3. vCLS をシャットダウンする必要があるクラスタを選択します。
  4. クラスタのドメイン ID (domain-c(cluster_domain_id)) をブラウザの URL フィールドからコピーします。

    vSphere Client でクラスタへ移動すると、URL は次のようになります。

    https://<fqdn-of-vCenter-server>/ui/app/cluster;nav=h/urn:vmomi:ClusterComputeResource:domain-c8:eef257af-fa50-455a-af7a-6899324fabe6/summary

    コピーするのは domain-c8 のみです。

  5. [ホストおよびクラスタ] インベントリで、vCenter Server インスタンスを選択し、[構成] タブをクリックします。
  6. [詳細設定] で、[設定の編集] ボタンをクリックします。
  7. ドメイン クラスタ ID の config.vcls.clusters.domain-c(number).enabled プロパティを 手順 4 から見つけ、false に設定します。

    プロパティがない場合は、追加します。その場合、クラスタのエントリを vSphere Client から削除することはできません。ただし、このエントリを保持しても問題はありません。

  8. [保存] をクリックします。

結果

vCLS 監視サービスで、vCLS 仮想マシンのクリーンアップを開始します。クラスタの vSphere DRS が有効になっている場合、これは機能しなくなり、さらなる警告がクラスタのサマリに表示されます。vSphere DRS は、vCLS がこのクラスタで再度有効になるまで、無効のままです。

仮想インフラストラクチャ ワークロード ドメインの vSAN ホストと ESXi ホストのシャットダウン

vSphere Client の vSAN クラスタ シャットダウン ウィザードを使用して、VMware Cloud Foundation の VI ワークロード ドメイン内の vSAN クラスタを正常にシャットダウンします。ウィザードでは、クラスタに追加されている vSAN ストレージおよび ESXi ホストをシャットダウンします。

この操作は、すべての VI ワークロード ドメイン内のすべての vSAN クラスタで実行します。

手順

  1. VI ワークロード ドメイン vCenter Server (https://<vcenter_server_fqdn>/ui) に administrator@vsphere.local としてログインします。
  2. [ホストおよびクラスタ] インベントリで、VI ワークロード ドメイン vCenter Server のツリーを展開し、VI ワークロード ドメインのデータセンターを展開します。
  3. vSAN クラスタの場合は、vSAN の健全性と再同期のステータスを確認します。
    1. クラスタを選択し、[監視] タブをクリックします。
    2. 左側のペインで [vSAN] > [Skyline の健全性] へ移動し、vSAN 健全性チェックの各カテゴリのステータスを確認します。
    3. 左側のペインの [vSAN] > [オブジェクトの再同期] で、すべての同期タスクが完了していることを確認します。
  4. ロックダウン モードのメンバー ホストがある場合は、ホストの root アカウントを例外ユーザー リストに追加します。
    1. インベントリでホストを選択し、[設定] タブをクリックします。
    2. 左側のペインで、[システム] > [セキュリティ プロファイル] を選択します。
    3. [ロックダウン モード] ペインで、[編集] ボタンをクリックします。
    4. [例外ユーザー] 画面で、root と入力し、[ユーザーの追加] をクリックします。
    5. [OK] をクリックします。
  5. vSAN クラスタをシャットダウンします。
    1. インベントリで、vSAN クラスタを右クリックし、[vSAN] > [クラスタのシャットダウン] を選択します。
    2. [クラスタのシャットダウン] ウィザードで、すべての事前チェックが緑色になっていることを確認し、[次へ] をクリックします。
    3. [vCenter Server の通知] を確認し、[次へ] をクリックします。
    4. シャットダウンを実行する理由を入力し、[シャットダウン] をクリックします。
  6. ワークロード ドメイン内のその他の vSAN クラスタに対して、手順 3 から 手順 5 までを繰り返します。

仮想インフラストラクチャ ワークロード ドメインの vCenter Server のシャットダウン

VMware Cloud Foundation 内の VI ワークロード ドメインの vCenter Server インスタンスをシャットダウンするには、vSphere Client を使用します。

前提条件

すべてのクラスタ内のすべての ESXi ホストが停止し、切断されていることを確認します。

手順

  1. 管理ドメイン vCenter Server (https://<vcenter_server_fqdn>/ui) に administrator@vsphere.localとしてログインします。
  2. [仮想マシンおよびテンプレート] インベントリで、管理ドメインの vCenter Server ツリーを展開し、管理ドメイン データセンターを展開します。
  3. vCenter Server をシャットダウンします。
    1. VI ワークロード ドメインで vCenter Server 仮想マシンを見つけます。
    2. 仮想マシンを右クリックし、[電源] > [ゲスト OS のシャットダウン] を選択します。
    3. 確認ダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。

    この操作が完了するまでには数分かかります。