アクティブな従量課金制契約のダウングレードを、自分が管理するサービス プロバイダに代わって要求します。ダウングレード要求は、承認のために VMware に送信されます。

ダウングレードを要求する前に注文書 (PO) 番号または注文の設定方法を変更する場合は、最初に既存の契約の詳細を編集します。契約を編集する方法を参照してください。

前提条件

操作 ロールが割り当てられているアカウントでログインしていることを確認します。

手順

  1. [契約] メニューで、ダウングレードする従量課金制契約の契約番号をクリックします。
    その契約の詳細ページにリダイレクトされます。
  2. [アクション] ドロップダウン メニューから、[ダウングレード] を選択します。
    [アクション] ドロップダウン メニューから従量課金制契約のダウングレードをトリガーする。

    [契約のダウングレード] フォームが表示されます。

    従量課金制契約をダウングレードするための詳細を入力する。

  3. ドロップダウン メニューを使用して、新しい契約 SKU と、ダウングレードを有効にする有効月を選択します。
  4. コメントを入力し、[ダウングレードを確認します] チェック ボックスを選択して、[ダウングレード] をクリックします。

結果

ダウングレード要求は、承認のために VMware に送信されます。ダウングレードが承認されると、[契約のダウングレード] フォームで選択された有効月にダウングレードが有効になります。