VMware Cloud on AWS では、SDDC で常に新しい機能を使用できるように、定期的にメンテナンスが実行されます。

メンテナンスにかかる時間は多くの要因によって決まります。その一部を以下に示します。
  • SDDC 内のクラスタの数。最大 10 個のクラスタを同時にアップグレードできます。
  • SDDC 内のホストの数
  • vCenter ServerESXi ホスト、および NSX-T データベースに含まれるデータの量
  • ホストの追加と削除に必要な時間。VDI で使用される SDDC には、ホストを更新するか削除するための追加の時間が必要になります。
  • バックアップ、更新前アクション、更新後アクションなど、複数のサービス アクションを実行するための時間。SDDC バージョン 1.8 からバージョン 1.9 以降にアップグレードする場合は、NSX アプライアンスの構成を変更するための追加の時間が必要になります。
  • 環境またはインフラストラクチャの過渡的な状態

要因が多いことから、メンテナンス時間を正確に見積もることは困難です。ただし、履歴データに基づく以下の数値は、SDDC の今後のメンテナンス時間の目安になります。

フェーズ 1:制御プレーンの更新

このフェーズは、管理アプライアンスのバックアップ、vCenter Server の更新、および NSX Edge の更新で構成されます。

このフェーズは約 3 ~ 4 時間かかります。

フェーズ 2:ホストの更新

このフェーズは、SDDC 内のホストおよびホスト ネットワーク ソフトウェアのアップデートで構成されます。

次の表を使用して、フェーズ 2 の時間を見積もります。

Process 日時 コメント
バックアップ 30 分間 アプライアンスのデータベース サイズに基づいています。
ホストの追加 30 分間 ホストは並行してクラスタに追加されます。
ホストの更新 ホストごとに 45 ~ 60 分間 クラスタは並行して更新されます。フェーズ 2 の所要時間は、最大のクラスタ内のホスト数によって異なります。
ホストの削除 60 分間 ホストは並行してクラスタから削除されます。

クラスタは一度に 10 台まで並列にアップグレードされます。クラスタ数が 10 以下の場合、全体的なアップグレード時間は、SDDC 内の最大のクラスタによって決まります。クラスタ数が 10 を超える場合は、最初の 10 台のクラスタの中の 1 台が完了するとすぐに、追加の各クラスタがアップグレードを開始します。この場合、全体的なアップグレード時間は、最初の 10 台の中の最大のクラスタの所要時間に、最初の 10 台の中の 1 台が完了した後に開始された後続クラスタの完了所要時間を加えた値になります。

フェーズ 3:NSX アプライアンスの更新

このフェーズは、管理アプライアンスのバックアップと NSX アプライアンスの更新で構成されます。このフェーズは約 2 ~ 4 時間かかります。