SDDC での Tanzu ワークロード管理が不要になった場合は、SDDC で Tanzu Kubernetes Grid を無効にします。

前提条件

VMC コンソールにログインするときは、[管理者] または [削除が制限された管理者] の VMC サービス ロールが必要です。

手順

  1. https://vmc.vmware.comVMC コンソール にログインします。
  2. [Software-Defined Data Center (SDDC)] 画面で [SDDC] をクリックし、Tanzu を無効にする SDDC を選択します。
  3. Tanzu ワークスペース内のセグメントを参照するファイアウォール ルールをすべて削除します。
    これには、 Tanzu Kubernetes クラスタへの内部アクセスの有効化で説明されている分散ファイアウォール ルールが含まれます。
  4. [アクション] をクリックし、[Tanzu Kubernetes Grid の無効化] を選択します。
    Tanzu を無効化すると、SDDC vCenter Server で以下のイベントが発生します。
    • すべてのワークロードが終了します。
    • Tanzu スーパーバイザー クラスタが終了します。
    • スーパーバイザー クラスタ内のすべての Tanzu 名前空間が破棄されます。
    • スーパーバイザー名前空間または TKG クラスタに関連付けられているすべてのパーシステント VMDK が破棄されます。
    このアクションによる影響を理解したことを確認するすべてのチェックボックスを選択し、 [Tanzu Kubernetes Grid の無効化] をクリックします。