VMware Cloud on AWS では、さまざまな種類のホストを SDDC で利用できます。

SDDC クラスタには、同じタイプのホストを含める必要があります。

特定のリージョンまたはアベイラビリティ ゾーン内では一部のホスト タイプを利用できない場合があります。

I3
I3 ホスト タイプは、デフォルトのホスト タイプです。I3 ホストには、ホストあたり 36 個のコア、512 GiB RAM、10.37 TiB の Raw ストレージ容量があります。
R5
SDDC を作成またはクラスタを追加する際に、R5 ホスト タイプを選択するオプションがあります。R5 ホストは、EBS ベースのストレージを使用します。このホスト タイプを使用してクラスタを作成すると、ホストあたりのストレージ容量を選択できます。これらのホストは、大規模なストレージ容量を必要とするワークロードに適しています。
I3en
I3en ホスト タイプは、データ集約型のワークロードに最適化されています。I3en ホストには、ホスト 1 台あたり 96 個の論理コア、768GiB RAM、約 45.84 TiB の Raw ストレージ容量があります。1 ホストまたは 2 ホスト構成の SDDC には、I3en ホスト タイプを含めることはできません。現在、I3en ホストは SDDC のバージョン 1.10v4 に限り、少数のリージョンでのみ使用可能です。