VMware Cloud on AWS 内の自動スケーラー サービスは、現在のインフラストラクチャの健全性を監視します。障害が発生しても自動スケーラー サービスで処理されることがわかっていれば、ワークロードに集中できます。自動スケーラー機能では、回復力と高可用性に富んだ SDDC を構築できます。

AWS インフラストラクチャは高い信頼性を備えていますが、それでも障害は避けられません。障害はオンプレミス データセンターでも発生するおそれがあり、個々のディスクやホストの障害から、ネットワークの障害や、ホスト グループに影響を与えるおそれのある広範囲な障害までさまざまです。AWS アーキテクチャ フレームワークの信頼性ピラーでは、クラウドの信頼性に関する設計原則を取り上げています。クラウド インフラストラクチャは完全無欠ではありません。したがって障害に備えて自動リカバリを考えておく必要があります。基盤インフラストラクチャを抽象化し、アーキテクチャを変更せずにアプリケーションをクラウドで実行する VMC on AWS は、大きなメリットをもたらしてくれます。VMC on AWS は、インフラストラクチャの監視、障害の検出、障害発生時のインフラストラクチャの自動修正を行います。

自動修正プロセスの大部分はバックグラウンドで実行され、既存のワークロードに影響を与えることなく実行されます。自動修正は、常にシステムの状態を監視して、エラーが発生すると、それを検出します。このサービスでは、障害時に、ハードウェアがすみやかに SDDC に提供されます。この 2 つの機能を組み合わせることで、このサービスでは、障害の検出時に、新しいホストをクラスタに挿入して、ハードウェア障害に迅速に対応します。さらに、VMware vSAN を使用することで、仮想マシンは保護され、障害が発生したサーバで実行していた仮想マシンは vSphere HA で自動的に再起動されます。

自動修正は、VMC 自動スケーラー サービスの一部です。ワークロードを VMware Cloud on AWS で実行するメリットの 1 つは、すべてのインフラストラクチャ コンポーネントと管理コンポーネントを含む VMware によるプラットフォーム管理です。さらに VMware では、SDDC 全体で定期的にアップデートが実施され、新機能、バグ修正、ソフトウェア アップグレードを提供しています。

AWS は、TOR (Top of Rack) スイッチ、電源など、その他のコンポーネントの健全性の状態を監視します。これらのコンポーネントに障害が発生すると、ホスト障害がトリガされ、自動修正によってその障害が処理されます。自動修正モニターは、次の項目を監視します。
  • ホストが切断されていないか。
  • ホストが応答していないか。
  • vSAN ディスク障害が発生していないか。
  • HA FDM エージェントのステータスの確認。