AWS CloudFormation はテキストベースのモデリング ツールで、VMware Cloud on AWS SDDC のすべての機能、または他のすべての AWS インフラストラクチャを記述するテンプレートを作成することができます。

VMware Cloud on AWS のお客様がこの機能を利用できるように、VMware は CloudFormation SDDC のテンプレートを code.vmware.com で提供しています。このテンプレートを使用して、AWS CloudFormation ツールによる CloudFormation スタックと AWS Lambda 機能の作成を開始できます。これにより、テンプレート ベースの SDDC 展開が可能になります。この手順の詳細については、VMware {code} ブログのVMware Cloud on AWS Integrations with CloudFormationhttps://github.com/vmwaresamples/vmware-cloud-on-aws-integration-examples/blob/master/CloudFormation/README.md を参照してください。

手順

  1. AWS コンソールにログインし、[米国西部(オレゴン)] リージョンに移動します。
    CloudFormation テンプレートを表示および導入することを承認された AWS ID を使用してログインします。
  2. GitHub の vmwaresamples リポジトリから CloudFormation Create SDDC Template を取得します。
  3. AWS [CloudFormation] サービスを開き、[スタックの新規作成] をクリックします。
  4. 手順 2 で取得したテンプレートをアップロードします。
    AWS で [CloudFormation] > [スタック] > [スタックの作成] [] ウィンドウの順に移動し、 [Amazon S3 にテンプレートをアップロード] をクリックし、 vmc-aws-cloud-cf-template.txt テンプレートを選択します。 [次へ] をクリックします。
  5. 新しいスタックに名前を指定し、[次へ] および [作成] をクリックします。
  6. AWS Lambda 機能で使用する SDDC の変数を指定します。
    AWS で [CloudFormation] > [スタック] > [スタック詳細] [] ウィンドウの順に移動します。[リソース] セクションで、IAM ロールおよび Lambda 機能を表示できます。Lambda 機能の [物理 ID] の値をクリックし、SDDC の構成の詳細を指定する環境変数を入力します。
    表 1. CloudFormation SDDC スタックの環境変数
    名前 説明
    connected_account_id SDDC への接続に使用する Amazon アカウントの ID。以下の VMC API 要求:
    GET /orgs/{org}/account-link/connected-accounts
    によって返される id の値。
    customer_subnet_ids サブネットの ID(実際のサブネット アドレスとはない)。以下の VMC API 要求:
    GET /orgs/{org}/account-link/compatible-subnets
    により、使用する subnet_cidr_blocksubnet_id として返されます。
    Email 現在実装されていません
    vpc_cidr 管理トラフィックのサブネットの CIDR ブロック。デフォルトは 10.2.0.0/16
    name 作成する SDDC の名前
    numOfHosts SDDC に初期追加されたホストの数
    orgId 既存の SDDC 接続および [サポート情報] タブで、VMware Cloud on AWS API またはユーザー インターフェイスの一部として確認できます
    region US_WEST_2 を使用します
    user_refresh_token 右上のユーザー名をクリックし、[OAuth トークンを更新] ボタンをクリックすると、VMware Cloud on AWS のユーザー インターフェイスで確認できます。
  7. AWS Lambda 機能を保存および実行し、テンプレートから SDDC を作成します。
    [保存] をクリックし、[テスト] をクリックして [テスト イベントの構成] ウィンドウを開きます。テスト イベントの名前を指定し、 [作成] をクリックします。

結果

指定したテンプレートと環境変数に基づいて AWS Lambda 機能が実行され、SDDC が作成されます。 VMC コンソール[SDDC]タブでは、SDDC の作成プロセスを監視するほか、AWS Tasks API を使用できます。