SDDC 展開グループを含む組織は、それらの SDDC 内の vCenter Server システムを関連付けることで、管理者が、統合されたインベントリを同じ vSphere Client ビューで管理できるようにします。

SDDC グループで vCenter Server の関連付けを有効にすると、クラウド管理者は cloudadmin@vmc.local としてログインし、vSphere Client を使用してグループ内のすべての vCenter Server システムを管理できます。cloudadmin@vmc.local アカウントが、シングル サインオンを使用するようにこれらのシステムを構成している場合、そのシングル サインオン ドメイン内のアカウントを持つユーザーは、グループ内にある関連付けられたすべてのシステムにアクセスできます。

SDDC グループで vCenter Server の関連付けを有効にすると、そのグループに追加された SDDC 内の vCenter Server システムが自動的に関連付けられ、グループから削除された SDDC 内の vCenter Server システムの関連付けは自動的に解除されます。

前提条件

ネットワーク
この機能に必要な L3 ネットワークは、SDDC グループの作成時の一環としてすでに構成されている VMware Transit Connect によって提供されます。グループ内の関連付けられた各 vCenter Server は、グループの VMware Transit Connect 経由のルートを使用して、プライベート IP アドレスにある他の関連付けられた vCenter Server インスタンスに到達できる必要があります。他のルーティング構成はサポートされていません。
関連付けられた SDDC グループ内の vCenter Server インスタンス間での vMotion を使用した仮想マシンの移行は機能しません。これは、 VMware Transit Connect がグループ メンバー間に L3 接続のみを作成するためです。
SDDC のバージョン
vCenter Server の関連付けには、SDDC バージョン 1.12 以降が必要です。
サービス ロール

この操作は、[管理者] または [削除が制限された管理者] の VMC サービス ロールを持つユーザーに限定されます。

vCenter Server の名前解決
グループ内の関連付けられた各 vCenter Server は、関連付けられた他の vCenter Server のホスト名と FQDN をプライベート IP アドレスに解決できる必要があります。『 VMware Cloud on AWS Networking and Security』ガイドの vCenter Server の FQDN 解決アドレスの設定を参照してください。
ハイブリッド リンク モード

VMware Transit Connect™ を使用した SDDC 展開グループの作成と管理で説明したように、SDDC が SDDC グループのメンバーである場合、VPN 接続でのハイブリッド リンク モードの使用はサポートされません。ハイブリッド リンク モードは、Cloud Gateway Appliance を使用して、SDDC グループ メンバーへの Direct Connect Gateway (DXG) 接続を介して構成できます。また、これを使用して、その SDDC の vCenter Server を(これがグループ内の他の vCenter Server システムに関連付けられていても)管理できます。

手順

  1. https://vmc.vmware.comVMC コンソール にログインします。
  2. [Software-Defined Data Center (SDDC)] 画面で、[SDDC グループ] をクリックします。
    このページには、組織内のすべての SDDC グループが一覧表示されます。SDDC グループを作成するには、 SDDC グループの作成または変更を参照してください。
  3. [SDDC グループ] ページで SDDC グループのカードを選択し、[詳細表示] をクリックして、[vCenter Server の関連付け] タブを開きます。
    このページには、グループ内のすべての SDDC、それらのバージョン、および vCenter Server の関連付けステータスが表示されます。
  4. リスト内のすべての vCenter Server システムを関連付けるには、[すべての vCenter Server のリンク] をクリックします。
    この操作により、 [関連付け解除済み] ステータスのすべての vCenter Server システムが関連付けられます。SDDC グループ内の vCenter Server システムの関連付けは、1 回だけ実行するものです。これによりグループのプロパティが作成され、グループ内の vCenter Server システムは、故意に関連付けが解除されるまで、SDDC の一連のメンバーとは関係なく常に関連付けられた状態になります。グループ内のすべての vCenter Server について [すべての vCenter Server のリンク] を実行すると、SDDC がグループに追加されるたびに vCenter Server の関連付けが自動的に行われます。SDDC がグループから削除されると、関連付けられた vCenter Server システムは自動的に関連付けが解除されます。
  5. (オプション) 関連付けられた vCenter Server システムには、共有 ID ソースを設定してください。
    関連付けられた vCenter Server システムを、同じ ID ソースを使用するように構成すると、その ID ソースで定義されたユーザー アカウントは、ID ソースのアカウントに定義された権限を持つ、関連付けられたすべての vCenter Server システムにアクセスできます。構成の詳細については、 VMware vSphere のドキュメントにある、 vCenter Single Sign-On による vSphere 認証を参照してください。この手順を実行しない場合、cloudadmin@vmc.local は、 VMC コンソール[設定] タブにリストされている認証情報を使用して、関連付けられたすべての vCenter Server システムに対して認証を行うことができます。
  6. リスト内のすべての vCenter Server システムの関連付けを解除するには、[すべての vCenter Server のリンク解除] をクリックします。
    この操作により、 [関連付け] ステータスのすべての vCenter Server システムの関連付けが解除されます。SDDC グループ内の vCenter Server システムの関連付けと同様、関連付けの解除は 1 回だけ実行するものです。これによりグループのプロパティが作成され、グループ内の vCenter Server システムは、故意に関連付けられるまで、関連付けがない状態になります。グループ内のすべての vCenter Server について [すべての vCenter Server のリンク解除] を実行すると、SDDC がグループに追加されても vCenter Server システムは関連付けがないままとなります。