SDDC グループ接続を拡張して、所有および管理している他の組織または外部 AWS VPC 内の SDDC グループに到達する必要がある場合は、外部 VPC をグループの VTGW に接続し、その VPC のルート テーブルを使用して、グループ メンバーのネットワークとの間でスタティック ルートを確立できます。

VMware Transit Connect は SDDC グループ メンバー間のすべてのコンピューティングおよび管理ネットワーク トラフィックを処理しますが、現在、外部 VPC(所有および管理している VPC)を含むルートを設定する方法は提供しません。この種の接続を必要とするネットワーク トポロジには、「セキュリティ VPC」の作成が含まれます。これを介して SDDC グループとインターネットとの間のすべてのトラフィックが検査用にルーティングされ、同じリージョン内の他の組織の SDDC グループに接続されます。これらの種類の接続を有効にするには、外部 VPC をグループの VTGW に関連付け、その VPC のルート テーブルを変更して必要なスタティック ルートを確立します。

手順

  1. VMC コンソール[Software-Defined Data Center (SDDC)] 画面で [SDDC グループ] をクリックし、VPC が接続されたグループの [名前] をクリックします。
  2. グループの [外部 VPC] タブで、VPC を所有する [AWS アカウント ID] を選択し、行を展開します。
    この VPC にルートが指定されていない場合は、 [ルート] 列の [ルートの追加] をクリックして [ルートの編集] 画面を開き、この VPC を [ターゲット] として使用する 1 つ以上のルートを追加します。それ以外の場合、 [ルート] 列に最初のルートと追加ルートの数が表示されます。鉛筆のアイコン ( ) をクリックして [ルートの編集] 画面を開き、このリストを編集できます。各プリフィックスは、グループの VTGW から接続された VPC へのスタティック ルートを定義し、グループの [ルーティング] タブに [ターゲット] として表示されます。接続された VPC ごとに最大 100 個のルートを指定できます。