[vCenter Server を開く] ボタンをクリックして、vSphere Client を開き、vCenter Server にログインします。

SDDC が作成されると、インターネットまたは VPN 経由で SDDC vCenter Server に接続できます。単純なファイアウォール ルールを管理ゲートウェイに追加した後、SDDC が作成されたらすぐにインターネット経由で接続できます。その後、VPN を作成したら、インターネット接続の代わりに、または追加の手段として VPN を使用して SDDC vCenter Server に接続できます。

[vCenter Server を開く] ボタン以外に、SDDC の[設定] タブでは、API Explorer と PowerCLI を使用して vCenter Server に接続するための接続と認証の詳細が提供されます。

手順

  • インターネット経由で vCenter Server に接続するには、SDDC カードの [vCenter Server を開く] ボタンをクリックし、[ファイアウォール ルール] をクリックして、次のようなルールを追加します。
    送信元
    [任意]、または所有するパブリック IP アドレス範囲。
    宛先
    vCenter Server(システム定義のグループ)
    サービス
    HTTPS (TCP 443)
  • VPN を作成済みで、それによって接続する場合は、SDDC カードの [vCenter Server を開く] ボタンをクリックし、[VPN] をクリックします。
  • (オプション) [設定] タブを開き、vCenter Server へのもう 1 つの接続方法を選択します。
    オプション 説明
    vSphere Client を使用して接続 [vSphere Client (HTML5)] にあるリンクをクリックします。この接続方法は、[vCenter Server を開く] ボタンと同じです。
    API Explorer への接続 [vCenter Server API Explorer] のリンクをクリックします。
    PowerCLI を使用して接続 接続用のコマンドレットが、[PowerCLI 接続] に表示されます。クリップボードにコピー アイコンをクリックして、クリップボードにコマンドレットをコピーします。
    すべての接続方法のデフォルトの認証情報が [認証] の下に表示されます。 クリップボードにコピーするアイコン をクリックして、ユーザー名またはパスワードをクリップボードにコピーします。