すべての SDDC ネットワークのデフォルトの最大転送ユニット (MTU) は 1,500 バイトです。Direct Connect を使用する場合、伝送するトラフィックに対してより大きな MTU を指定できます。

VIF を作成する際に、DX を有効にして、使用する MTU を引き上げることができます。これを行う場合は、[ネットワークとセキュリティ] タブの [グローバル構成] 画面を開き、[イントラネットの MTU 値] を引き上げます。

この大きな(ジャンボ)MTU 値は、プライベート VIF を介した DX 接続にのみ適用されます。DX 経由で接続されているかどうかにかかわらず、すべての VPN は、他の設定に関係なく MTU 値 1500 を使用します。また、DX 接続を使用するワークロード仮想マシンのインターフェイス MTU が、[イントラネット の MTU 値] と同じ値に設定されていることも確認する必要があります。同じ値でないと、ワークロード仮想マシンはより値の大きな MTU を利用できません。

手順

  1. https://vmc.vmware.comVMC コンソール にログインします。
  2. [ネットワークとセキュリティ] > [グローバル構成] の順にクリックします。
  3. [グローバル構成] 画面で、鉛筆アイコン () をクリックし、[イントラネット アップリンク] フィールドで [MTU] 値を高く設定して、[保存] をクリックします。
    設定する値は、すべての DX 仮想インターフェイスの最小 MTU 値以下にする必要があります。これは、ジャンボ MTU をサポートしていない VIF があると、実質的にはすべての DX 接続が MTU 値 1500 に制限されるため、すべての VIF を同一の MTU 値(デフォルトでは 1500、ジャンボでは 9001)に設定する必要があるという意味です。ネットワーク内で MTU サイズを混在させると、パケットの断片化やその他の問題が発生し、ネットワーク パフォーマンスが低下する場合があります。
    注:

    Geneve (Generic Network Virtualization Encapsulation) ヘッダーの余地を残しておくため、SDDC のイントラネットの MTU は、上限が 8,900 バイトに設定されています。これは VIF でのパケットの断片化を防ぐためです。