オンプレミスのワークロードに AWS EC2 のインスタンスおよびサービスへのアクセス権が必要な場合は(DX 接続経由の S3 など)、VPC のそのトラフィック用のパブリック仮想インターフェイスを構成します。

DX 上の SDDC 管理トラフィックとワークロード トラフィックでは、プライベート VIF または DX ゲートウェイを使用する必要があります。ただし、オンプレミスのワークロードから AWS サービスにアクセスする必要がある場合や、何らかの目的でグローバルの AWS バックボーンに接続する必要がある場合は、オンプレミスのデータセンターからパブリック VIF への DX 接続を作成できます。

前提条件

手順

  1. AWS コンソールにログインします。ホスト仮想インターフェイスの作成で示されている、ホストされたパブリック仮想インターフェイスを作成する手順を完了します。
    1. [インターフェイス所有者] フィールドで、[My AWS アカウント] を選択します。
    2. [ルーター ピア IP アドレス][Amazon のルーター ピア IP アドレス] を指定します。
    3. [BGP キーの自動生成] を選択し、AWS 基盤でアドバタイズするすべてのオンプレミス ルートを [アドバタイズするプリフィックス] に指定します。
    インターフェイスが作成されると、受け入れの準備ができたことが AWS コンソールから報告されます。
  2. VMC コンソール で、[ネットワークとセキュリティ] > [Direct Connect] の順に選択し、[接続] をクリックして仮想インターフェイスを受け入れます。