レイヤー 2 VPN トンネルの SDDC 側を作成するには、ローカル (AWS) の IP アドレス、リモート(オンプレミス)のパブリック IP アドレス、リモートのプライベート IP アドレスを指定します。

VMware Cloud on AWS では、オンプレミス環境と SDDC の間で 1 つのレイヤー 2 VPN トンネルがサポートされます。

手順

  1. https://vmc.vmware.comVMC コンソール にログインします。
  2. [ネットワークとセキュリティ] > [VPN] > [レイヤー 2] の順に選択します。
  3. [VPN トンネルの追加] をクリックします。
  4. VPN パラメータを構成します。
    オプション 説明
    ローカル IP アドレス
    リモート パブリック IP アドレス オンプレミス L2VPN ゲートウェイのリモート パブリック IP アドレスを入力します。L2VPN の場合、これは常にスタンドアローンの NSX Edge アプライアンスです(自律 NSX Edge のダウンロードと構成を参照)。
    リモート プライベート IP アドレス オンプレミスのゲートウェイが NAT の背後に構成されている場合は、リモートのプライベート IP アドレスを入力します。
  5. (オプション) VPN にタグを付けます。

    NSX-T オブジェクトのタギングについて詳しくは、『NSX-T Data Center 管理ガイド』のオブジェクトへのタグの追加を参照してください。

  6. (オプション) [説明] を追加します。
  7. [保存] をクリックします。
    SDDC 環境によっては、レイヤー 2 VPN の作成プロセスに数分かかる場合があります。レイヤー 2 VPN トンネルが使用可能になると、ステータスが [UP] に変わります。