VMC コンソール には、IPSec VPN セグメントと L2VPN セグメントのステータスと統計情報が表示されます。

VPN 操作のステータスは、[ネットワークとセキュリティ] タブの [VPN] ページに表示されます。また、VPN 操作に関するログ メッセージは、オプションの SDDC アドオン サービスである vRealize Log Insight Cloud にも送信されます。詳細についてはvRealize Log Insight Cloud アドオンvRealize Log Insight Cloudドキュメントの使用を参照してください。

手順

  1. https://vmc.vmware.comVMC コンソール にログインします。
  2. [ネットワークとセキュリティ] > [VPN] の順にクリックします。
  3. [ルートベース VPN][ポリシーベース VPN]、または [レイヤー 2 VPN] をクリックし、選択されたタイプの VPN を一覧表示します。
    次のいずれかの操作を実行します。
    • 情報アイコン をクリックすると、ステータス メッセージが表示され、チャネル(IKE フェーズ 1 ネゴシエーション)とトンネルのステータスに関するその他の情報を確認できます。
    • VPN 行を展開して VPN の詳細を表示してから、[統計情報を表示] をクリックしてトラフィックの統計情報を表示します。すべてのトンネル、または選択した VPN (0.0.0.0/0) によって使用されるトンネルについて、集計されたステータスと統計情報を取得できます。集計された統計情報を表示する際には、[統計情報] 列の [詳細情報の表示] をクリックすると、エラーの統計情報のリストを表示できます。
    • 更新アイコン をクリックすると、トンネルの統計情報が更新されます。トンネルが無効になった場合や再度有効になった場合は、VPN 関連のすべての統計情報が 0 にリセットされます。

次のタスク

VPN 接続に関する問題のトラブルシューティングの詳細については、『NSX Data Center for vSphere』ドキュメントのVirtual Private Network (VPN) のトラブルシューティングと、NSX-T Data Center トラブルシューティング ガイドを参照してください。