TRIM および UNMAP コマンドがサポートされていることで、仮想マシンでファイルが削除された場合や、同じファイルへの複数の書き込みに対して容量が割り当てられた場合に、vSAN クラスタで容量を再利用することができます。

シン プロビジョニングされたディスクを使用して仮想マシンをプロビジョニングすることで、ストレージ容量を節約できます。ディスクは最初は小容量ですが、ゲスト オペレーティング システムで必要とされるストレージ容量に合わせて、割り当てられる最大のディスク サイズまで拡張されます。

シン プロビジョニングを使用している場合でも、仮想マシン ディスクのストレージ容量の効率的な使用には課題があります。デフォルトでは、ゲスト OS でファイルが削除されても仮想マシン ディスクは縮小されません。さらに、多くのゲスト OS では、新しい書き込みは常に空きディスク ブロックに対して実行されます。そのため、ログ ファイルなど、小さなファイルへの書き込みが頻繁に行われることで、大量のディスク容量が使用される可能性があります。

ゲスト OS は TRIM/UNMAP コマンドを送信することで、仮想マシンのディスクが、以前に使用された容量を空きディスク容量として再利用できるようにすることが可能です。

デフォルトでは、これらのコマンドは有効になっていません。SDDC でこの機能の有効化を要求するには、VMware アカウント チームにお問い合わせください。この機能は、クラスタごとに有効になります。この機能を有効にした後に、クラスタ内のワークロード仮想マシンを再起動して、この機能を利用できるようにする必要があります。

サイズの大きなファイルを削除したり、スケジュール設定された容量の再利用ジョブを実行して、大きな容量ブロックを再利用したりすると、容量の再利用プロセスが本番環境のワークロードに影響を与える可能性があります。この状態は多くの場合、遅延の増加によって明らかになります。可能な場合は、大容量の再利用ジョブはピーク時以外の時間にスケジュールを設定し、潜在的な影響を低減します。問題の修正後、システムは大きな問題を発生することなくインラインの削除を処理できます。