Cloud Gateway Appliance の証明書が期限切れになった場合、または別の証明書プロバイダの証明書を使用する場合は、この証明書を置き換えることができます。

前提条件

置き換える各証明書の証明書署名要求 (CSR) を生成します。認証局に CSR を提供します。認証局 (CA) が証明書を返したら、Cloud Gateway Appliance からアクセスできる場所にこの証明書を配置します。

手順

  1. Web ブラウザで、http://cga-address/ui に移動します。ここで、cga-addressCloud Gateway Appliance の IP アドレスまたは FQDN です。
  2. オンプレミスの認証情報でログインします。
  3. ユーザー インターフェイスで [証明書の管理] に移動します。
    1. [ホーム] メニューから [管理] を選択します。
    2. [証明書] で、[証明書の管理] をクリックします。
  4. 認証情報を入力し、[ログインして証明書を管理] をクリックします。
  5. マシン SSL 証明書で、[アクション] > [置き換え] の順に選択します。
  6. 証明書チェーンの [参照] ボタンをクリックし、証明書チェーン ファイルのパスを入力します。
    このファイルには、マシン SSL 証明書、ルート CA 証明書、および信頼のチェーン全体が含まれています。
  7. プライベート キーの [参照] ボタンをクリックして、証明書のプライベート キーを指定します。
  8. [置き換え] をクリックします。

次のタスク

証明書が正常に置き換えられたら、Cloud Gateway Appliance のすべてのサービスを再起動します。https://kb.vmware.com/s/article/2109887を参照してください。