VMware Cloud on AWS SDDC では、VMware の仮想マシン (VM) の展開、構成、カスタマイズに必要なあらゆるツールを利用できます。

VMware Cloud on AWS はサービスであるため、仮想マシン操作にいくつかの制約が課されます。特に、ホストのハードウェアへの物理的アクセスまたはホスト OS への root アクセスが必要な操作の場合です。ただし、いくつかの例外的な場合(このドキュメントで説明)には、vSphere 6.7 向けの『vSphere 仮想マシン管理』で説明されているオンプレミスでの操作は、VMware Cloud on AWS SDDC と同じように機能します。

表 1. vSphere 仮想マシン管理』の要点
トピック 内容
vSphere 仮想マシンの概要
  • 仮想マシンのライフサイクルとコンポーネントの概要。
  • 仮想マシン ファイルおよびその使用目的のリスト。
  • 仮想マシン ハードウェアおよびその他のオプションの概要。
仮想マシンの展開 仮想マシンの作成手順です。次のようなオプションがあります。
  • 仮想マシンを新規に作成
  • 既存の仮想マシンまたはテンプレートのクローン作成
  • OVF または OVA テンプレートの展開
  • アップロードされた OVF または OVA ファイルからの仮想マシンの展開
コンテンツ ライブラリの使用 コンテンツ ライブラリは、仮想マシン テンプレートおよび vApp テンプレートに加えて、ISO イメージ、テキスト ファイルなどの他のファイル タイプのコンテナ オブジェクトです。ライブラリ内のテンプレートを使用して、vSphere インベントリに仮想マシンと vApp をデプロイできます。コンテンツ ライブラリを使用して、オンプレミスのインフラストラクチャと SDDC 間でコンテンツを共有することもできます。
仮想マシン ハードウェアの構成 CPU、メモリ、デバイスなどの各種ハードウェア オプションを構成するための詳細情報。既存の仮想デバイスを変更したり、新しいデバイスを追加したりできますが、前述したように、オンプレミスの vCenter Server 環境で実行できる操作とは異なり、VMware Cloud on AWS にはいくつかの制約が適用される場合があります。
仮想マシン オプションの構成 仮想マシン オプションとその変更方法について説明します。
  • 電源管理の設定
  • 仮想マシンの UEFI セキュア ブート
  • 仮想マシンのブート オプション
  • ログ記録、デバッグ、および遅延感度などの高度なオプション
仮想マシンのカスタマイズ 仮想マシン展開後のカスタマイズ方法について説明します。
  • ゲスト OS のインストール オプション
  • カスタマイズ仕様によるゲスト OS のカスタマイズ
  • 仮想マシン コンソールの使用
  • スナップショットの使用
  • VMware Tools のアップグレードまたはハードウェアの互換性設定