オンプレミスの vSphere 環境では、ユーザーが ESXi ホストをグループ化し、vSphere HA、vSphere DRS などのクラスタ機能が設定できるようにクラスタを構成します。リソース プール グループのリソースを使用します。VMware Cloud on AWS 環境では、VMware によって、事前設定された構成を持つ単一のクラスタが作成されます。コンピューティング仮想マシンにリソース プールが作成され、管理仮想マシンに 2 番目のリソース プールが作成されます。ユーザーはクラスタとリソース プールの設定を表示し、子リソース プールを作成および構成することができます。

VMware Cloud on AWS で実行できる操作は、選択した内容によって異なります。

表 1. VMware Cloud on AWS のクラスタおよびリソース プールでサポートされているタスク
オブジェクト サポートされているタスク
クラスタ

VMware Cloud on AWS 環境には、SDDC に属しているすべての ESXi ホストを含むクラスタが 1 つあります。

  • vSphere DRS や vSphere HA などのクラスタ構成を表示します。CloudAdmin ユーザーはクラスタ構成を変更できません。
  • クラスタに関連付けられているすべてのホストおよびすべてのクラスタを調べます。メモリおよび CPU の使用量、HA の状態、アップタイムを確認できます。
  • クラスタに関連付けられているすべての仮想マシン、データストア、およびネットワークを調べます。
  • タグおよび属性を設定します。vSphere のタグおよび属性を参照してください。
リソース プール VMware Cloud on AWS 環境には、2 つの事前定義されたリソース プールがあります。次のタスクを実行できます。
  • 新しい仮想マシンおよび子リソース プールを作成します。
  • 子リソース プールのリソース割り当て設定を変更します。
  • 会社のポリシーに合わせてリソース プールの名前を変更します。
  • リソース プール、その仮想マシン、およびその子リソース プールを監視し、リソース プールの使用率を確認します。
  • タグおよび属性を設定します。vSphere のタグおよび属性を参照してください。
注: [削除] などの一部のメニュー オプションは最上位のリソース プールに対して使用できますが、効果はありません。cloudadmin@vmc.local には、これらのタスクを実行する権限がありません。[アラーム] ウィンドウに警告が表示されます。