vSAN はブロックレベルの重複排除および圧縮を実行してストレージ容量を節約します。これにより VMware Cloud on AWS SDDC で、より効率的かつコスト効率の良い方法でストレージを使用できます。

重複排除を行うと、冗長なデータ ブロックが削除されます。圧縮を行うと、各データ ブロック内のその他の冗長データが削除されます。これらの技術は連携するか個別に機能し、データを保存するために必要な物理ストレージを減らすことができます。VMware vSAN は重複排除を実行してから、データをキャッシュ層からキャパシティ層に移動するときに圧縮を実行します。

重複排除と圧縮は、i3 ホストを含む VMware Cloud on AWS クラスタで自動的に有効になり、オフにすることはできません。Elastic vSAN を使用するクラスタでは、重複排除はゼロ ブロックの削除に制限されます。データを含む冗長ブロックは重複排除されません。i3en ホストを含むクラスタは、圧縮のみが自動的に有効になります。重複排除なしで圧縮を有効にすると、パフォーマンスが向上します。また、フォルト ドメインをディスク グループではなく単一のディスクに制限できるため、可用性を向上させることもできます。

重複排除は、キャッシュ層からキャパシティ層にデータが書き戻されたときにインラインで実行されます。重複排除アルゴリズムは固定ブロック サイズを使用し、各ディスク グループ内で適用されます。同一ディスク グループ内のブロックの冗長コピーは、重複排除されます。

重複排除と圧縮によって節約できるストレージ容量は、ワークロード データに大きく左右されます。平均すると、ストレージ容量の節約は 1.5 倍~ 2.0 倍になります。