オンプレミス データセンターで使用されている仮想マシン構成の一部は、SDDC ではサポートされていません。それ以外の構成は、制限付きでサポートされます。

VMware Cloud on AWS でのワークロード仮想マシンの作成、構成、管理については、VMware vSphere のドキュメントvSphere 仮想マシン管理を参照してください。VMware Cloud on AWS はサービスであるため、vSphere 仮想マシン管理に記載されている仮想マシン構成オプションの一部は、ヘルプ トピックで言及されていても、vSphere Client でワークロード仮想マシンを右クリックして [設定の編集] を選択したときに表示されていても、SDDC では使用できない場合があります。ただし、ここで説明している例外では、SDDC のワークロード仮想マシンを構成、展開、管理する際にこのドキュメントに記載された手順を使用できます。

VMware Cloud on AWS によるその他の制限については、VMware Configuration Maximums を参照してください。

表 1. SDDC で使用できないオンプレミスの仮想マシン構成オプション
構成オプション 参照 コメント
vSphere Client および vSphere Web Client を使用する。 vSphere Client およびその他のトピック。 SDDC vCenter Server へのアクセスでは、vSphere Client のみがサポートされます。
仮想 CPU でハイパースレッディングを有効にする。 仮想 CPU 構成およびその他のトピック。 VMware のナレッジベースの記事 55806VMware のナレッジベースの記事 55808 で取り上げられた脆弱性などのセキュリティの脆弱性を抑えるため、VMware Cloud on AWS はすべてのホストで CPU ハイパースレッディングを操作します。
CPU 識別マスクを変更する。 CPU 識別マスク設定の変更 SDDC の仮想マシンの CPU ID マスクを変更することはできません。
仮想ディスク タイプを変更する。 仮想ディスク構成の変更 SDDC の仮想マシンの仮想ディスクのストレージ タイプは変更できません。
仮想ハードウェアを構成する。 vSphere 仮想マシンで利用可能な仮想マシンのハードウェア ホストへの物理的な変更が必要な仮想ハードウェア デバイスを含む仮想マシンを作成することはできません。これには、シリアル ポート、USB ドライブ、フロッピー ドライブなどが該当します。
SCSI コントローラを追加する。 SCSI コントローラの仮想マシンへの追加 SCSI コントローラを追加することはできますが、仮想 SCSI バスの共有を使用することはできません。
Raw LUN または論理ディスクをマッピングする。 Raw デバイス マッピング VMware Cloud on AWS は、外部のブロック ストレージをサポートしていません。SDDC で RDM ディスクを使用する仮想マシンを展開することはできません。
ハード ディスクを追加する。 大容量仮想ディスクの要件と制限事項 VMware Cloud on AWS は、外部のブロック ストレージをサポートしていません。SDDC で VMFS5 または NFS を使用する仮想マシンを展開することはできません。
ネットワーク アダプタを追加する ネットワーク アダプタの基本 VMware Cloud on AWS は、E1000E、VMXNET3、SR-IOV アダプタのみをサポートします。
仮想 CPU を追加する 仮想 CPU の制限 ハイパースレッディングは VMware Cloud on AWS ホストでは無効にされているため、SDDC 内の仮想マシンに、ホスト上の物理コアの数よりも多くの仮想 CPU を搭載することはできません。
PCI パススルー デバイスを構成する 仮想マシンで PCI デバイスを構成 この機能は、VMware Cloud on AWS ではサポートしていません。

SDDC でブロックまたは制限されているオンプレミスの仮想マシン構成

特定の仮想マシン構成オプションを使用すると、ホストをメンテナンス モードに切り替えることができなくなったり、vMotion の処理が妨げられたり、VMware 製品でのサービスのアップグレードを実行できなくなることがあります。オンプレミスで許可されているこれらの構成は、SDDC ではサポートが制限されているか、サポートされません。サポートされていない設定のテンプレートをオンプレミスのコンテンツ ライブラリから SDDC にアップロードした場合、そのテンプレートから作成された仮想マシンは SDDC でパワーオンされません。

表 2. SDDC でのサポートが制限されている、またはサポートされていない仮想マシンの構成
構成オプション サポート コメント
仮想マシンで、ネットワーク出力にシリアル ポートを含める なし この構成は SDDC でブロックされます
仮想マシン ディスクで、マルチライターと変更ブロックのトラッキング (CBT) の両方を有効にする なし この設定は SDDC でブロックされます。
仮想マシンで、パラレル ポートを含める なし 物理デバイスまたはファイル出力では、パラレル ポートはサポートされません。
仮想マシンで、仮想または物理バス共有を使用する 制限あり 物理バスの共有設定は、ハードウェア バージョン 11 以降でサポートされます。
仮想マシンは VMware Tools ISO をマウントし、ツールのインストールまたはアップグレードを起動します。 制限あり vMotion は、VMware Tools のインストールまたはアップグレード中には実行できません。SDDC のメンテナンスで必要とされる vMotion がこの状態の仮想マシンによってブロックされた場合、システムは処理が完了するまで数分待機します。動作が完了しない場合、システムはアップグレードまたはインストールを停止し、ISO イメージをアンマウントして、メンテナンス イベントのブロックを解除します。メンテナンスの完了後、インストールまたはアップグレード処理を手動で再起動する必要があります。